travel・流離

以下は最近の20本ぐらいの、旅に関するブログ記事。より以前の記事は、ページ下方のSitemapをクリックしてください。

Below are the most recent twenty-or-so blog posts on travelling. For older posts, click "Sitemap" at the bottom of the page.


Tue

23

Dec

2014

独善的な反省

お知らせ。しばらくインターネットとの接続を断つため、このブログを更新することもしばらくないと思う。

An announcement. I'm going to be disconnecting myself from the Internet for a while, so this blog won't see any updates till I get back.


読者諸君の年末年始、会いたい人に会えて、会いたくない人を避けられますように、僕は願う。

As the year's end approaches, I hope that all of you will get to meet who you hope to meet and avoid who you hope to avoid.


良いお年を。

See you next year.


Sat

02

Aug

2014

i’m not your sweet babboo

そろそろ飛行機に乗ることはある。頻繁には乗らないが、乗る際はやっぱり少しでも墜落の可能性をついつい考えてしまう。そういう悲惨な事件がニュースにも出ているから今は特にそう考えてしまうだろう。

Pretty soon I'm going to be getting on a plane. I don't often fly, but when I do, I suppose I always at least briefly consider the possibility of a crash. Perhaps this is especially true because that sort of accident has been in the news.


この前友達が言った。「飛行機に乗るとき、もしこのまま落ちたらそれはそれでいいや、と考える。でも機内の食事はいつも健康的にベジタリアンを頼んでいる。」

A friend of mine recently said, "Anytime I fly, I think to myself, if the plane crashes, well, so it goes. But for my in-flight meal I always order the vegetarian dinner, to stay healthy."


ゴミみたいな食べ物を体の中に入れたくない。でも体じたいが高いところから墜落して粉々になったらそれは別にどうでもいい。分かる気がする。

You don't want to pollute your body by eating trash. But if that same body fell from the sky and went splat, well, who cares. I think I can understand this.


自分が乗った飛行機が墜ちたら、それは仕方のない死に方だね。

If a plane you're on crashes and you die, there's nothing you can do to stop it.


例えば戦場で突然敵に攻撃されて自分の小銃を抜くのが遅すぎたせいで射殺されるという死に方とは違って。そんな場合は殺されることを防ぐ手はあったが、ただ自分の反応が遅いせいで間に合わなかっただけだ。

Which is different from, say, being in a war zone and the enemy launches a surprise attack, and you're too slow drawing your gun, so you get shot. There was something you might have done to stop it, but you didn't manage to.


だからベジタリアンは分かるような気がする。

Which is why I think I get the idea of the vegetarian meal.


死神は好きなタイミングで訪れるけど、生きている間には自分の価値観とスタイルに相応した生き方がいい。

You never know when the reaper's going to, as it were, reap you. But as long as you're around, you want to live in harmony with your values and style.


(実は僕の場合はベジタリアンなんか頼まないが。)

(I myself actually don't bother ordering vegetarian.)


Thu

31

Jul

2014

フレネミー同士

8月に独り旅に出る予定。

 

今度はアイルランド。初めて行く国。

 

アイルランドは良い人しか住めない国だと思う。この僕は入国のところはねつけられるんじゃないかと少し懸念している。

I'm taking a trip in August. I'll be going to Ireland, just by myself. It'll be my first visit to that country.

 

I've got a feeling they only let good people live in Ireland. So there's a risk that I'll be given the bum's rush at Dublin International.


独り旅なので充分に孤独を味わうつもり。

I'll be travelling alone, which is how I like to travel. Soaking up solitude.


でも旅に出て孤独を味わう前に先づはリュックを購入。10年以上ぶりにリュック的な物を買う。

But before I soak up any solitude I need to buy a rucksack. It'll be more than ten years since I've owned a backpack of any kind.


日本に来て間もない頃にリュックを背負っているのはほぼ外人だけという事実に気づいたら、郷に入って郷に従えということで、ノー モア リュックを誓った。(うん、そんなアホなの、僕は。)

When I first got to Japan, I realized that almost the only people here walking around with backpacks were foreigners. And that decided it for me: I swore off backpacks at once. (What a jerk.)


それを今まで守ってきた。

I've stayed pure till now.


でも近年色々な苦を喫して学んだのは、リュックはやっぱり旅に欠かせない品なんだ。

But I've learned that when you take a trip, you're going to need a backpack.


Sun

04

May

2014

nocuous pleasure

ランダムな旅の三日目が明けたら僕は熱海にいて、当てもなく次にどこへ行けばいいか考えていたところだ。(読みたければ旅の一日目二日目に関するブログ記事もあるよ。)

The third day of my random trip found me in Atami at dawn, wondering where to go next. (You can read here about the first and second days of the trip.)


だから朝一、熱海駅の前でランダムな数字によって次の行動を決めた:

1か4か7:伊東線
2か5か8:東海道線上り
3か6か9:東海道線下り
0:近くの温泉の開場時まで熱海に残って入浴する

So first thing in the morning at Atami station, I rolled a random number to decide:

1, 4, or 7: Ito line
2, 5, or 8: Tokaido line, inbound
3, 6, or 9: Tokaido line, outbound
0: Hang around Atami till hot springs open and take a bath


3.28秒が出たので、東海道線上りだね。それにストップウォッチに何駅分まで乗って行けばいいか尋ねたら8と答えてくれた(1.08秒)。

I got a 3.28, so Tokaido inbound it was. I asked my stopwatch how many stations to go, and it told me eight (1.08).


だがここで気がついたのだけど、ストップウォッチのアプリがしょっちゅう8で終わる時間ばかり出しているじゃないかと疑わしく思うようになった。(関係ないかもしれないが:前回のランタムな旅のときはそのアプリは10分の1秒までしか表示していなかったが、今になると100分の1秒まで出ているから、あれからアップルがアプリを更新したのかな。)出ている数字が本当にランダムだろうか疑るようになったから、それからは小数第二位が8と出たら無視してもう一度やることにした。

I noticed around this time that my stopwatch app was giving me eights with suspicious regularity. (Irrelevant, perhaps: on my last random trip, the app had only gone out to tenths of a second, but Apple must have updated it since then, because now it was going to hundredths.) I began to doubt whether the numbers were genuinely random, so from here on, whenever I got an 8 in the hundredths digit, I often disregarded it and rolled again.


8駅目は二宮駅だった。二宮は可愛らしくて、なんにもない町だ。朝食の材料を駅の向かい側に在る八百屋みたいな店で買って町を少し散策してみた。朝の天気は今回の旅で一番暖かい。秦野という駅行きのバスが二宮駅から出ていることを知ったら秦野に行くことにした。

The eighth station was Ninomiya, a charming little town with nothing in it. I got a bit of breakfast from a grocer across from the station and walked about a bit. The weather was warmer that morning than it had been any time this trip. I noticed that the buses departing from Ninomiya station were headed someplace called Hadano, so that's where I decided to go.


朝のバスの乗客は、通勤や通学している人が多い。僕は通勤も通学もしていなかった。

On the bus that morning, there were lots of people communting. I wasn't commuting.


秦野駅に到着したら空が完全に晴れた。気持ちよいあまり駅前の椅子(それとも椅子の形になった現代芸術の作品?)に座るしかなかった。知らないうちに座ったまま眠ってしまって、一時間ほど仮眠をとった。

At Hadano, the weather cleared all the way up. It was so pleasant that I decided to have a seat in front of the station (on what was either a chair or a modern art sculpture), and before I knew it I’d fallen asleep. My nap lasted about an hour.


秦野駅には一つだけの路線があるので、またランダムな数字で方面だけ決めようとした。

偶数:小田原方面
奇数:相模大野方面

2.50秒と出た。

Only one train line ran through Hadano station. I rolled a random number to decide my direction:

Even number: Odawara-bound
Odd number: Sagami-Ono-bound

I got a 2.50.


終点の小田原でまたランダムな数字を出した:

1か4か7:大雄山線
2か5か8:東海道線
3か6か9:箱根登山線、箱根湯本行き
0:小田原で下車・見物

5.34秒と出た。

At the last stop, Odawara, I rolled again:

1, 4, or 7: Daiyuzan line
2, 5, or 8: Tokaido line
3, 6 or 9: Hakone-Tozan line
0: Get off here and explore

I got 5.34.


大雄山は聞いたことのない場所だったけどそこに着いたら駅前に金太郎の大きな彫刻があって、ここはあの民話に関る場所かなと思った。

I’d never heard of Daiyuzan, but when I got there I saw a big statue of Kintaro, so perhaps this place figures into that folktale.


駅から道了尊という寺院へ走るバスがあった。駅のところにある地図によると道了尊の辺りに温泉もあるらしくて、この臭いオヤジがそろそろ風呂に入るべきと切実に思ってバスに乗って道了尊へ向かった。

There was a bus running up to a place called Doryoson, a temple compound in the mountains. A map at the station also showed a hot spring in the vicinity, and I felt ready for a bath, so I got on the bus and went up.


その寺院は実は最乗寺と道了尊という二つの寺の合併した敷地みたいな場所。杉などが込み合う老相林に奥まった場所だ。数々の寺や神社の間を長い間ゆっくりとさまよった。どこへ見てもそろりと思慮深く見るべき風景だったのだ。

The temple is actually two temples in a single compound, Saijoji and Doryoson, deep in an old growth cedar forest. I wandered among the numerous temples and shrines on the compound, going slowly. Everything seemed worth a slow, considered look.


一箇寺の寺では法事みたいな儀式が行われていた。荘厳に太鼓が叩かれ、お経が読み上げられていた。観光客としてそれを傍観するのもなんだか不思議な感じで不謹慎というか、見てはいけないかも知れないと思った。別に誰でも自由に入って見れるものだけど。

At one of the temples, what looked like a memorial ceremony was underway, with beating of drum and chanting of sutra. It felt strange, perhaps indiscreet, to stand and watch as a tourist, though these things are open for anyone to wander in.


どこも長閑やかで雨が上がっていた。日本の仏寺は長くて階段数の多い道がよくあるね。神仏のところへと謙った態度で上がるという意味合いかな。それとも厳かな場所に入るのに充分な心構えをする時間を与えるための道かな。

Everything was quiet, and the rain had let up. Buddhist temples in Japan always have a long approach, lots of steps leading up to the next temple building. Perhaps this is to emphasize a humble approach, or to give time to ready the heart to encounter the numinous.


一番奥まで歩いたら最後の寺への階段にたどり着いた。上へと、上へと、階段を登りに登って、やっと山の天辺の近くと思われる場所に着く。そこの寺は下の寺より小さくて控えめなものだ。

At the far end of the compound I reached the approach to the last, highest temple. Up and up you climb, stairway after stairway, till you’re near the top of the mountain. The temple there is smaller and humbler than those below.


中に入って正坐した。独りだった。僕は瞑想する人じゃないけど、そこで瞑想に近いことをしたかも知れない。次に何を言えばいいか考えなくてはいけない祈りと違って、むしろ次に何を言うか考えないようにするみたい。空っぽになろうとするみたい。

I went in and sat down. I was alone. I don’t meditate, but I suppose I did something like meditating. Not like praying, where one must think of what to say next; but rather trying not to think of what to say next. Emptying out.


山をまた下りたらいくつかの売店があって食べる処もあったから、そこで天狗そばとビールを頼んだ。けっこう美味しかったよ。それから温泉のところへと歩き出した。

Back at the base of the temple complex there were a few shops and a place to eat, so I had some quite good tengu soba and a beer. Then I walked back down the road to where the hot spring is.


いつもはわざわざ一人で温泉に行くことはないけど、誰かと一緒に行く際などはずっと浸かっていたい。だから三日ぶりの入浴(そして二時間ぶりの飲酒)を喫した。温泉についているカフェのおばさまは多分日本語で話してくる白人が珍しくてうろたえたお陰でビールの請求を忘れてくれたのだ。フリービール。

I normally never go to hot springs by myself, but once inside I like to soak for a good long time. I had my first bath in three days, and my first tipple in two hours. The lady in the cafe there was so surprised to see a white guy speaking Japanese that she forgot to charge me for my beer.


温泉から送迎車が駅まで走っていた。実は二つの駅に停まるんだ、僕が来た大雄山駅ともう一つ、開成という駅。僕は開成で送迎車から降りた。

There was a shuttle van back to the station. It actually stops at two stations, the one I came from and another one called Kaisei. I got off at Kaisei.


開成駅から四つの方面に行ける。ランダムな数字で選んだ:

0:小田原方面
1~3:新宿方面
4~6:三島方面
7~9:国府津方面

(小田原にはすでに一回行ったからわざと公算を小さくした。ずるともいうのか。)
2.85秒と出たから三島方面へ。

There were four directions I could go from Kaisei station. I rolled a random number to decide:

0: Odawara-bound
1–3: Shinjuku-bound
4–6: Mishima-bound
7–9: Kozu-bound

(I set the odds for Odawara low because I’d already been that way. Call it a cheat.)
I got 2.85, so toward Mishima I went.


乗った電車の終点は御殿場駅だった。少し待っておいて同じ方面をもっと遠くまで行く電車に乗ろうとも考えたが、某後輩がよく御殿場を絶賛しているため、そこで降りて晩飯を摂ることにした。

The train I was on terminated at Gotemba. I thought about waiting for one that goes farther on the same line, but a co-worker of mine often talks about loving Gotemba, so I decided to stop there for supper.


そして圧倒的な衝動を感じた… インドカレーを喰わざるを得ない。御殿場に来るほとんどの客はインドカレー狙いではないだろうが…

And I had an irresistable impulse: I must eat Indian curry. Most visitors to Gotemba are probably not there for the Indian curry, but…


スマートフォン禁止のルールの甚だしい違反だったがインド料理をググって二カ所を見つけた。一軒は駅から徒歩30分ぐらいで、もう一軒は反対方向に徒歩40分ぐらい。ひねくれ者だから先ず遠い方を探検することにした。

In a gross violation of my no-phone rule, I googled it and found two Indian places, one about 30 minutes’ walk from the station, the other about 40 minutes in the opposite direction. Just for laughs, I chose the farther one.


(ところで、後で知ったのは、駅から徒歩5分以内のインド料理屋もあるのだけど、なぜかあのやんちゃなグーグルの野郎はその事実を隠しやがったのだ。)

(I later learned, by the way, that there is another Indian place not five minutes from the station, which that mischievous Google for some reason concealed from me.)


遠い方に到着したら店がつぶれているのだ。楽しい!だからもう一軒へ向かった。今度はちゃんと開いていて、経営しているネパル人の二人はとてもフレンドリーだ。マトンサーグとナーンとネパルのビールを頂いて、どれも絶品だった。

When I got to the farther restaurant, I discovered that the place had been closed down. Ha! So I headed to the other. It was open, and the Nepalese guys running it were very friendly. I had mutton saag, naan and a Nepalese beer, which were all superb.


それで次に起こったことは若干奇妙だけれど、食事を終えようとしているところに次にどこへ向かうかなと楽しみにぼーと考えたら、すぐに思い浮かんだ:「homeだ。」

Now, what happened next was a little odd. As I finished my meal and started to wonder where my random trip would take me next, a thought came very clear to mind: “home”.


なぜだか知らないけれど、急に家に帰ることを決断した。

I don’t know why, but all at once I had decided to go home.


元々は少なくともあと2日間ほどさまよっているはずだったが、一度帰ることに決めたら、それは決めたことになるんだ。御殿場から下北沢に帰るのは思ったより簡単で、乗り換えは一回だけなんだ。

I’d originally planned to stay on the road another couple of days, but once I decided, I’d decided. From Gotemba it’s easier than I’d have thought to get back to Shimokitazawa—I only had to change trains once.


それで、おしまい。

And that was it.


Sat

03

May

2014

的的な的

旅の二日目の初めは、鶴見で横浜駅行きの電車に乗ったのだ。横浜駅でランダムな数字によって次に何の電車に乗るか決めて、それからの行き方を決めるつもりだった。(旅に一日目に関しては一本前のブログ記事で書いてあるよ。)

I started day two of my trip on a train from Tsurumi, heading toward Yokohama station. I intended to get off once at Yokohama and then use random numbers to determine which train to get on. (You can read about day one of the trip in the previous blog post.)


しかし電車で眠ってしまって横浜駅を乗り越えてしまった。一晩かけて下北沢から横浜市に歩いて来たせいか、眠かっただろう。

But I slept right past Yokohama. I’d walked all night to get there, so I must have been sleepy.


終点の金沢文庫駅で目が覚めた。寝落ちしたことによって方針が決まったのではないかと思い、それはそれでなかなか良いランダムさでもあるなと思った。だから向かい側のホームから出発しようとしている同じ方面に向かう電車に飛び乗った。

The train terminated at Kanazawa-Bunko, where I woke up. I figured falling asleep had decided my direction for me in a sufficiently random fashion, so I got on a train across the platform going even farther in that direction.


終点は浦賀駅だった。時刻は午前6時〜6時半だった。改札を通ってすぐのところに広告ポスターが貼ってあり、その近辺にあるらしい横須賀美術館で展示があるそうだった。ポスターにどのバスに乗ってどの停留所で降りればいいかも記してある。

The last stop was Uraga. It was about 6 or 6:30 in the morning. Just outside the ticket wicket at the station, there was a poster advertising an exhibit at the Yokosuka Museum of Art. The poster showed which bus line to take and where to get off.


駅から出るとそこに例のバスがあって、ちょうど出発するところだった。シンクロニシティー。

I walked out of the station and right there, there was the bus in question, just about to leave. Synchronicity.


開館時は知らないが、朝の6時半に開いているはずはない。降りたバス停留所は観音崎というところだから、ここはどういう場所か少し回って見てみようと思った。太平洋に突き出ている岬みたいな場所。そこの標識に、近くにある灯台への道が示してあるから、灯台を見に行くことにした。

I didn’t know when the museum would open, but it certainly wasn’t going to be open at 6:30 a.m. The bus let me off at a place called Kannonzaki, and a quick look around showed that it was a promontory facing the Pacific Ocean. A nearby sign showed a map leading to a lighthouse, so I went up to explore.


ちょうど帰ろうとしている早朝の漁師たち以外誰もいなくて、僕がその岬を独り占めすることができた。木々の中を通る小道で山を登り出す。「マムシが出ますから注意しましょう」と書いてある標示があったから、注意した。

There was nobody around except some early morning fishermen, who were just on their way home, so I had the promontory to myself. I went up a path through the trees. There was a sign warning you to look out for vipers, so I did.


ごつごつしてねじれた樹木や茂みと古びた石段と涼しい春の大気。海上交通センターが見つかり、それから例の灯台も見つかるが、人影がない。明治時代の砲台跡とそれを説明する銘板も見つかる。

Gnarled trees and undergrowth, old stone steps, cool spring air. I found a naval observatory, then the lighthouse in question. There were also remains of artillery batteries from the Meiji period with explanatory plaques.


二時間ぐらいかけて岬のあちこちを探検したら道路に戻って美術館を探そうとした。

I spent a couple of hours climbing around the cape, then went back to the road to look for the museum.


小雨がまだ降ったり止んだりしていたので、美術館にたどり着いたら建物の前にいくつかの椅子が張り出しの下に置いてあるのを見て嬉しかった。開館時まで一時間半ほど椅子に座って本を読みながら待つことにした。

It was still lightly raining off-and-on, so when I got to the museum I was glad to find a couple of chairs set out in front, under an overhang. I sat there and read a book for an hour and a half, waiting for the museum to open.


アール・ヌーヴォーとアール・デコの展示だった。僕は美術界の門外漢なのだけど、それだけの距離を渡ってそれだけの時間を待っていてきたら、さすがにどれもこれも丁寧に閲覧するんだね。

The exhibition was of art nouveau and art deco works. I don’t know anything about art, but when you’ve come that far and waited that long to get into an art exhibition, you tend to look really carefully at everything.


美術館を出たら一度メールをチェックした。大抵ノースマートフォンのルールを守っていたが、一日に一回ぐらい電源を入れてメッセージをチェックしたり仕事などの至急な用であれば返信したりした。

After leaving the museum I checked my mail. I mostly observed my no-phone rule on this trip, but about once a day I turned it on to check messages and reply to anything urgent, work stuff, etc.


道のちょっと先のところまで歩いてバスに乗って、今度は横須賀駅に向かった。駅の付近にある小さな豚カツ屋で昼食を摂ることにした。

I went up the road and caught a bus, this time heading for Yokosuka station. At the station, I decided to have lunch, so I found a little tonkatsu (Japanese pork cutlet) place.


ところで旅のもう一つのルールはローカルな飲食店のみで食べることだった。チェーン店禁止。今まで食べたことのなく、二度と食べることのない所で食べたかったのだ。

Another of my rules on this trip, by the way, was to only eat at local places, not chain restaurants. I wanted to eat someplace I’d never been before and probably never would again.


その朝にやろうと思っていたランダムな数字のやつを行うために横須賀から横浜駅に一度戻った。ルールは下記の通り:

From Yokosuka I went back to Yokohama, to do the random number thing I’d intended to do that morning. Here were the rules:


スマートフォンのストップウォッチのアプリを使って、画面を見ないで適当な間隔で「スタート」を押しては「ストップ」を押す。表示される一番下の桁(100分の1秒の桁)によって次にどの電車に乗るか決まるのだ:

1又は6:JR線

2又は7:東急線

3又は8:みなとみらい線

4又は9:相鉄線

5又は0:地下鉄線

On my phone’s stopwatch app, I’d hit ‘start’ and then ‘stop’ at random intervals (not looking at the screen). Depending on the last digit (hundredths of a second), I’d decide which train to get on next:

1 or 6: JR line
2 or 7: Tokyu line
3 or 8: Minato-mirai line
4 or 9: Sotetsu line
5 or 0: Subway line


1.58秒が出た。一番下の桁が8なのでみなとみらい線のホームへ移動した。この電車は横浜駅から一方の方面にしか行かないからこれで方面も決まっていた。

And I rolled a 1.58. The last digit being 8, I went to the Minato-mirai line platform. This train goes only one direction from Yokohama, so my course was set.


ストップウォッチに何駅分乗ればいいか尋ねたら、6と答えてくれた(0.86秒)。しかしこの路線には横浜駅を除いて5駅しかないので、終点の元町・中華街まで乗らなくてはいけないと解釈した。

I asked my stopwatch how many stations I should go before getting off, and it told me six (0.86). But this line only has five stops on it, so I presumed I was to ride to the end of the line, Motomachi-Chukagai.


公園に必ず立ち寄るルールによると最初は山下公園に行くべきではないかと思った。雨がまだ、前より少し強くて降っていた。生きていることの素晴らしさをすこぶる興奮している若者達で賑わっている水辺を歩いた。近くのコンビニでビールとスナック菓子を買って海を見ながら少し本を読むことにした。

My park rule seemed to dictate that I should head first to Yamashita Park on the bay. It was raining, a bit harder than before. I walked along the water’s edge, which was thronged with young people all very enthusiastic about being alive. I decided to get a beer and snack from a convenience store and read my book a bit while looking at the sea.


読んでいる最中に小雨がれっきとした土砂降りに成り上がった。まだビールもスナック菓子も本も途中だったから周りに雨宿りのできる場所を探し出した。しかし(恐らくホームレスをいじめるためだろう)横浜市役所の奴らが山下公園に屋根のあるベンチや木に覆われているベンチを一切に設けてくれていないことに気がついた。結局公衆電話の中に避難することになったが、そこで立ったままにビールとスナック菓子と本の一章を済ました。

In mid-read, the sprinkling rain turned into a proper downpour. I was still midway through beer, snack and book, so I searched around for someplace covered. But I discovered that, probably in order to annoy the homeless, the Yokohama city fathers had not provided one single park bench with anything covering it. I ended up taking refuge inside a phone booth, where I finished the beer, the snack, and a chapter.


中華街に行って少しうろついてみた。が、中華街の主な魅力は美味しい中華料理と楽しいショッピングだけど、食べたばかりの僕、めったに物を買わない僕だから、ちょっと散策したらまた駅を探し出した。

I wandered into Chinatown and walked around a bit. But the primary attractions of Chinatown are the food and the shopping—and I’d just eaten and generally never buy things. After a brief stroll I started looking for a train station.


石川町駅で乗った。横浜駅に戻る気がなく、反対方面の終点の大船駅まで乗ってみた。

I got on at Ishikawa-cho station. Not interested in returning to Yokohama, I rode to the end of the line in the other direction, Ofuna.


大船でまたランダムな数字:

0又は1:湘南モノレール

2又は3:湘南新宿ライン

4又は5:横須賀線

6又は7:東海道線

8又は9:大船で下車・見物

At Ofuna I rolled a random number again:

0 or 1: Shonan Monorail
2 or 3: Shonan Shinjuku line
4 or 5: Yokosuka line
6 or 7: Tokaido line
8 or 9: Get off here and explore Ofuna


3.86秒が出たため東海道線のホームへ移動した。乗車した電車の終点の熱海まで乗って行った。

I got 3.86, so I headed to the Tokaido line platform. The train I got on terminated at Atami, so that’s where I went.


熱海で一番最初には晩飯を済ますことにした。駅近辺の飲食店はもうほとんど閉まっていたのでもう少し離れた場所まで探したらフィリピン人の女将の中華料理屋が見つかり、そこで非常に美味しい酸辣湯麺と餃子を頂いた。

In Atami, I decided first to take care of supper. The shops around the station were all closed already, so I wandered farther and found a Chinese place run by a Filipina lady. The sura-tanmen (sour and spicy noodles) and gyoza were excellent.


すると、二日分の疲労と断眠のツケが回ったみたいで睡魔に覆われ、ある建物の後ろ側に誰にも迷惑をかけなさそうな場所を見つけてコンクリート地面の上で寝た。

After that, the two days’ fatigue and sleep debt overtook me, so I found a spot behind a building where it didn’t look like I’d be bothering anybody and went to sleep on the concrete.


二時間ほどしか寝られていないところに寒さと雨に起こされた。今回の旅の一つだけの後悔は、野宿するのに充分に温かい格好はしなかったこと。それで起きて明け方まで熱海を見物した。

I think I only got about two hours of sleep before the cold and wet woke me up. My one big mistake this trip was not dressing warmly enough to sleep out of doors. So I got up and wandered Atami till dawn.


僕が見た熱海は夕方から明け方の間のみの熱海だから、一般の人とまた違う印象を受けただろう。でも真夜中の道がとてもきれいだった。特に川が真ん中に走っている道。川沿いの壁の手すりを飾る趣のある鋳物も素敵だった。

All I saw of the town was between dusk and dawn, so I’m sure I got a different impression than most people have. But the streets were lovely, especially those with rivers running down the middle of them, with all sorts of quaint metal castings on the railings.


海辺を歩いて船着き場の様々な船も眺めたが、雨のせいで砂浜に踏み入るのにちょっとねちねちしすぎだった。

I also walked up and down the seaside, looking at all the boats on the quay, though it was too wet to venture onto the beach.


映画のシーンみたいな光景を期待して水平線の日の出を見ようと思ったが、曇り過ぎていて空は徐々に白々と明けてきたが太陽は出なかったのだ。

I thought of watching the sunrise over the ocean, expecting one of those scenes from the movies. But it was too overcast, and though the sky lightened into morning, the sun never came out.


始発電車がそろそろ走っているじゃないかと思った頃には、駅の方にまた歩んで次にどこへ行こうか決めようとした。

Around the time I figured the trains would run, I wandered back to the station to figure out where to go next.


さて。旅の三日目に関しては次のブログ記事で書くね。

I’ll write about the third day of my trip in the next blog post.


Fri

02

May

2014

a no-puzzle piece

今週、旅に出てきた。最初はどこに行って何をしたかの記録などを録るつもりはなかったが、気が変わった。

I took a trip this week. At first I thought I wouldn’t keep any record of where I went, but I’ve changed my mind.


この前書いたとおり、去年の夏に僕はランダムな数字による日本のあちこちを巡る旅をした。二つのブログ記事でその旅のことに触れた:こちらこちら

As I wrote a while ago, last summer I took a trip around Japan based on random numbers. You can read a bit about it in two prior blog posts: this one and this one.


今春ゴールデンウィークの際にまた同じような旅に出ようと思った。

I decided to go again over the long spring break. (Note to overseas readers: in Japan, a “long spring break” is about 5 or 6 days.)


上記の二つのブログ記事の前の方で、どこへ行けばいいか提案を募集していると書いた。何人かの読者さんが応答してくれて、東尋坊や諸々な美術館や「6」というアイデアを送ってくれた。

In the earlier of the two blog posts above, I asked for suggestions about where to go. A few people made recommendations, including Tojinbo, a number of art museums, and the number six.


東尋坊は福井県の海岸に臨む凄まじい崖であり、自殺の名所でもあるから、東尋坊に行けと言われて何か秘めた意味もあるのかなとも疑ったが。

Tojinbo is a remarkable series of seaside cliffs in Fukui Prefecture. It’s also known as a suicide spot, leading me to wonder whether this suggestion was made with an ulterior motive.


それはともあれ、機会さえあれば立ち寄ろうとは思っていたが、今回のランダムな数字は僕を福井県方面へ導かなかった。

Anyway, though I would have stopped by if given the chance, my random numbers didn’t lead me anywhere near Fukui.


美術館なら一館に寄りはしたが、お勧めリストの中の美術館ではなかった。美術館に興味のある方のため、そのお勧めリストをこの記事の最後に貼り付いておく。

I did indeed hit an art museum, though it wasn’t from the list of suggestions. For those interested, I’ll put that list at the end of this blog post.


そして6という数字には、うん、充分に出会った。

As for the number six, I saw plenty of it.


火曜日の午前中に出かけるつもりだったが、早朝に目が覚めたのに、部屋の中で気が散ったりワインを飲んだりウトウトしたりすると、やっと部屋から出かけたのはもう夕方だったんだ。ダメ人間の模範なのだな。

I had planned to leave Tuesday morning, but though I woke up really early, I kept getting distracted around the apartment, and then I dozed off for a while… and when I finally left my place, it was already early evening.


出かけた頃に二つの漠然とした衝動を感じた:「歩く」と「南」。だからこれという目的もなく南方へさまよった。僕が住まっている下北沢の一番街から三軒茶屋まで歩いたら、あてもなく世田谷区と目黒区をうろついた。

When I left, I had two vague impulses: “walk” and “south”. So I set off on a random ramble southward, from where I live on Ichiban-gai in Shimokitazawa to Sangen-jaya, and then wound my way through Setagaya and Meguro wards.


どこへ行きたいかまったく決めていなかったけれど、今回の旅の基礎的な概念は「到着へと進もう」じゃなくて「動いていよう」だったんだ。

I had no idea where I wanted to go, but the idea of this trip was not to get somewhere, but to be going.


旅のルールを作った。一つは、スマートフォンの電源を出来るだけ切ったままにすること。歩くときや自転車に乗るときに行き方が知りたい場合はいつもはすぐにスマートフォンのマップアプリに飛びつくけど、今回は「行こうと思う場所がなければ『行き方』というのもない」と思った。

One rule I made for myself was to keep my smartphone switched off. I tend to jump to the phone right away to find walking or cycling routes, but this time I thought, “I don’t need to know how to ‘get there’ when I’m not trying to ‘get there’ at all.”


そして腕時計などをしないからいつもスマートフォンで時間を調べているが、今回は時間を知る必要は何一つない。目的が無ければ遅刻も無い。

I also use it to tell time, since I don’t wear a watch. But what did I need to know the time for? It wasn’t like I was going to be late for anything.


こんなルールがあったから旅で写真を一枚も撮らなかった。写真をひっきりなしに撮ったり必死に旅の記録を残そうとしていると、旅そのものを経験することの邪魔になってしまうんじゃないかと僕はよく思う。

My no-phone rule meant that I didn’t take any photos on my trip. I sometimes feel like desperate attempts to document a journey, snapping photos of everything, can get in the way of being where you are.


もう一つのルールは、公園を通りかかったら必ず少しでも寄っていくこと。カバンの中にバナナを二本、タンジェリンを数個投げ込んで出かけたから、公園で足を休ませながら一つを食べることにした。

Another rule I made was, any time I passed a public park, I had to drop in for a bit. I had brought a couple of bananas and tangerines in my bag, so I’d have one in the park and rest my feet a bit.


小雨が途切れ途切れに降っていたから時々折り畳み傘を差したり公園の遊具の下に雨宿りをしたりもした。

There was a light rain that night, so I sometimes had to bring out my folding umbrella, or take refuge under playground equipment.


ある道路を渡ろうとしているところに「横浜」と書いてある標識が見られて、そこで今夜の目的地を横浜にすることにした。それでも直線で進みはしなかったが、だいたい道路のその方面に従って歩いた。

As I was crossing a certain street, I saw a road sign saying “Yokohama”, and that’s when I decided to go to Yokohama. I still didn’t go in a straight line, but I more or less followed that road.


小山にある、歩道が車道の真ん中にあるとても心地の良い道を歩いて目黒区を楽しんだら品川区と大田区も通った。大田区民の皆様に失礼なことを書いてしまうのだけれど、すみません、とても残念な場所だと思ってしまった。とにかく僕が歩いた部分は。光景が醜くて、どこにも「これも禁止」「あれも禁止」という標示がまんべんなくある。「ご遠慮ください」という言い方を聞いたことのない区みたい。東京湾を見ようと思って迂回をしたが、柵などが多くて海辺に近寄ることはできなかった。

I went from Meguro (passing through Koyama, where they’ve got this delightful street with a raised sidewalk in the middle of the road) through Shinagawa and Ota wards. I hope I don’t offend all you Ota dwellers, but I found it a beastly place. Ugly scenery and signs everywhere saying “This prohibited” and “That prohibited”. I took a detour up toward Tokyo Bay, to get a look at it, but there were fences and gates everywhere, and I couldn’t get near the water.


橋を渡って東京都から神奈川県に入って、いい感じだった。今回の旅の、初めて県境を越えることだったから。大田区のそっけない景色と比べると川崎市の方が断然に心地よい。樹木が比較的多いお陰かな。

I crossed the bridge from Tokyo to Kanagawa and felt good. It was my first prefectural border crossing of the trip. Compared to the bleakness of Ota, Kawasaki looked great. Part of it must be all the trees.


川崎市を歩いていると赤線地帯と思しい商店街が見つかった。そこで深夜3時に晩ご飯を食べた。外に立っているぽん引きの女性の一人が勧めてくれたお店でとても安くてとても美味しいピザとビールだった。

I came across what looked like a little red-light district in Kawasaki, where I stopped for supper at 3 a.m., in a place with really cheap, really good pizza and beer, recommended to me by one of the “ponbiki” girls outside.


横浜市の境を越えたのは明け方の頃だった。ちょうど鶴見の辺りにいたときに始発電車が走っている音が聞こえたから、駅を見つけてそこで電車に乗り、あっという間に眠ってしまった。

I got past the Yokohama city limits at around daybreak. When I was in the vicinity of Tsurumi, in the distance I heard the trains start running, so I sought out the nearest station. That’s where I got on, and promptly fell asleep.


旅の残りの2日に関しては、今度のブログ記事で書く。

I’ll write about the next two days of my trip in later blog posts.


以下は美術館のお勧めリスト。

Here’s that list of art museums.


【都内】

  • 原美術館(品川)
  • ワタリウム美術館(青山)
  • 根津美術館(表参道)
  • 世田谷美術館(砧)
  • 日本民芸館(池ノ上)
  • 東京都写真美術館(恵比寿)
  • 寄生虫博物館(目黒)

【関東】

  • 水戸芸術館(茨城県水戸市)
  • DIC川村記念美術館(千葉県佐倉市)
  • 横浜美術館〜赤煉瓦倉庫(神奈川県横浜市)

Within Tokyo

  • Hara Museum of Contemporary Art (Shinagawa)
  • Watari Museum of Contemporary Art (Aoyama)
  • Nezu Museum (Omote-sando)
  • Setagaya Art Museum (Kinuta)
  • Japanese Folk Crafts Museum (Ikenoue)
  • Tokyo Metropolitan Museum of Photography (Ebisu)
  • Meguro Parasite Museum (Meguro)

Kanto area

  • Art Tower Mito (Mito, Ibaraki)
  • Kawamura Memorial DIC Museum of Art (Sakura, Chiba)
  • Yokohama Museum of Art, Aka-Renga Soko (Yokohama)

そして最近気になった曲。

And here's a song I've been into recently.


Mon

28

Apr

2014

胃袋に溜まる血

ちょっと旅に出る。行き先は知らないけど。

 

日曜日に約束があるから日曜日までに帰るつもり。あとは決まっていない。

I'm taking a bit of a trip. I don't know where.

 

I've promised to do something on Sunday, so I'll be back by then. That's my only solid plan.


前回の旅はほとんど電車による旅で、ランダムな数字によって行き先や道を決めていたが、今回はもっと歩く気がする。何となく。

My last trip was train-based, with all my decisions about where to go based on random numbers. But this time I've got a feeling I might do a lot more walking.


前回は野宿をすることもあったが、ホテルを使用することもあった。今回は多分ほとんど外で暮らしている気がする。まだ分からないけど。なんかホームレス気分かも知れない。そんな言い方はホームレスに失礼かな。

I sometimes slept out of doors on the last trip, but I also used hotels, etc. I've got a feeling this time will be closer to homelessness. Not really sure yet, but.


旅中は多分携帯電話の電源を切ることが多いだろう。目的地に至るまで行くだけって感じ。目的地ってどこだか分からないけど。

I'm thinking of turning off my phone while I'm out. How revolutionary. But, you know. Just going until I get there, wherever there is.


誰かが、絶対に写真をいっぱい撮るんだよ、と言った。絶対に日記とか何とか記録を録るんだよって。でも今回は記録を残さずに、写真を撮らずに、ただ行くだけだと思う。記録なんか残したくない。

Somebody told me, be sure to take pictures. Be sure to write a record of where you go. But actually this time, I don't think I will. I don't want to leave a record, visual or literary.


昔々の人らがうらやましいかも。なんかもう一定以上を超えたと思ったらそのまま40日間砂漠に逃げるだけってできていたからうらやましい。

I think I've always been jealous of the olden-days people. When they needed some time off, they'd just go into the desert for forty days.


とにかくしばらくこのブログは更新されない。今度の更新があったらそれは、旅から帰ってきたって意味だね。

So for a few days, there won't be any updates to this blog. The next time I do update, that'll mean I'm home again.


Wed

23

Apr

2014

地面を差す三角形

近いうちに旅をしようと思案している。

 

その旅先の候補を募集している。もし良い所があればこのブログ記事の下方にあるフォームでも使って教えてくださいね。

I'm thinking of taking a trip sometime soon.

 

I'd like suggestions for where to go. If you've got any ideas, there's a form at the bottom of this blog post you can use to let me know. Please.


去年の夏、ランダムな数字による旅をした。

Last summer, I took a trip based on random numbers.


スマートフォンのストップウォッチ機能で、目をつむってスタートを押して適当にストップを押した。3.2秒とか1.7秒とか、ランダムな時間が表示される。その一番下の一桁によって方向などを決めていた。

Using the stopwatch app on my phone, I'd shut my eyes and hit 'start' and then 'stop' at random intervals. The resulting time would be e.g. 3.2 seconds or 1.7 seconds. I'd decide where to go next based on the last digit.


例えば、今は何とか駅にいて、1.8秒が出ているとする。じゃあ、一番下の一桁は8なので、8番線の電車に乗ることになる。

Say I'm at a train station and I get 1.8. The last digit is 8, so I'll get on the next train leaving from platform 8.


また、今は電車に乗っていて、ランダムな時間を出す。一番下の一桁が奇数だったら次の駅で降りるが、偶数だったら降りないまま、という適当な決め方にする。やってみると2.9秒が出るから降りることになる。降りたらまたランダムに行き方を決める。

Or say I'm on a train, and I decide that if I get an odd number, I'll get off at the next station; but if I get an even number, I'll stay on the train. I roll a 2.9, so I'm getting off. Once I do, I use another random number to decide what to do next.


そういうやり方で色々な土地にたどり、色々な光景が見れた。行こうと思ったことのない場所にも行った。

In this way I ended up visit all sort of places, saw all sorts of sights. Went places I never really thought I'd go.


今回はまた同じような冒険をしようかなとか考えているけれど、その中で決まった旅先が一つ、二つぐらいあってもいいかなとも思った。だからもし行けばいい場所が知っているのなら、教えてもらいたい。

I'm thinking of taking another of those trips soon, but I also figured it might be nice to have a few fixed goals along the way. So if you know of anyplace a person really ought to go, please take a moment to let me know.