人間は生まれつき不公平に作られている

僕は不思議なカメラを持っている。そのカメラに不思議なレンズがあるの。
I've got a weird camera. It's got a weird lens. 

ほとんどのカメラのレンズは何百千万枚の写真を撮ってもレンズはそのまま変わらないものだ。
Most camera lenses never change, however many thousands upon thousands of pictures you take. 

だが僕の不思議なレンズは変わるものなの。例えば青色の物の写真をいっぱい撮ったらその影響でレンズは青色に染まる。
But my weird camera lens changes. If, for example, I take lots of pictures of blue things, my camera lens gets to be tinted blue. 

緑色の物の写真をたくさん撮ったら今度はレンズも緑色に染まってしまう。
And then if I take lots of pictures of green things, my lens gets tinted green. 

悲しい写真をたくさん撮ったらレンズは悲しそうに染まるのだ。
If I take lots of sad pictures, my lens gets a sad tint about it. 

そしてエロい写真をたくさん撮ったらレンズもエロく染まってくる。
But if I then take lots of erotic photos, my lens gets a randy tint to it. 

そんなレンズなら撮る写真も気をつけてレンズをきちんと育ててあげなきゃ、という考えの写真家はいる。
There are photographers who say that with lenses like mine you've got to choose your photo subjects carefully, to keep your lens properly tinted. 

しかしその反面、レンズなんて染まるように染まるから何だっていいやという写真家もいるらしい。それこそレンズの教育だって。

But then there are those who say tints be damned—let your lens ogle whatever it may. That's how you educate a lens.