el que se enoja pierde

録音という技術が発明されるまでは、パーティ開催者やディナークラブ、ダンスホールなどは人間の演奏家を雇うしかなかった。

Before recorded music was invented, parties, dinner clubs and dance halls had to employ live musicians. 


これは費用がかなりかかった。現在そういった店などは、バンドを雇うかCDをかけるかという二択から選ぶことになったら、殆どの場合はCDにするのも当然のことだ。

This was costly. It's natural that, when given the choice between hiring a band or playing a CD, most such venues these days choose the CD. 


しかし音楽を愛する人には分かるけれど、よい生演奏の方が間違いなく楽しい。

But music lovers will tell you that a good live performance is always better.


この時代は、人工機能の進展により、同じようなジレンマが頻発するだろう。

In our time, developments in artificial intelligence are bringing us toward many similar situations.


値段の安くて品質の低い人工知能にするか、高価であるが優秀な人間にするか、という選択はこれから増えるだろう。だいたい値段の低い方の勝ちだろうが。

People will increasingly find themselves called upon to choose between cheaper, inferior AI and more expensive human excellence. Cost will generally win. 


一流の人間の演奏家より二流の機械による演奏の方が安いと同様に、一流の人間の作曲家より二流の機械の作曲家の方が安上がりという世の中になったら、音楽のリスナーは二流の楽曲に甘んじるしかなくなるだろう。

When mediocre machines write songs more cheaply than excellent human songwriters—just as mediocre machines now play music more cheaply than excellent flesh-and-blood performers—listeners will increasingly have to settle for mediocre songwriting. 


あるいは、選んで甘んじるかもしれない。

Or—we'll choose to settle.