こよなく疲れた

フィクションについて考えることは多いので、真実について考えることも多い。フィクションと真実はよく比べられるものだね。

Because I think about fiction a lot, I think about truth a lot. Truth and fiction are often compared.


どの物語も「生存者の物語」だ。ただし実際の人生は必ず死で終わるものだ。

All stories are survivors' stories. But real life always ends in death.


物語の中では主人公は最後のシーンまで生き残る。途中で死んでしまった者はそのためただの「脇役」に過ぎない。

In stories, main characters live till the last scene. Anyone who dies along the way is thereby a "minor" character.


この考え方だと、実際の人生では、我々みんなも「脇役」なのだ。

By this definition, in real life, we are all "minor".


そう思わない人、また真実のように感じる物語を創りたい人は、そこで物語においての深刻な哲学的な問題に出くわしてしまうのだ。

Anyone who doesn't think so, and who wants to create stories that feel true, runs into a deep philosophical problem with storytelling.