careless camoufleurs

lake at night

巨大な多国籍企業をビアトリクス近藤が設立する。その企業の規模が段々大きくなり、財産が段々豊富になり、企業の匿名性が段々募り、結局、超大質量星が周辺の時空を歪むように、彼女の財産の重量が道徳と真実を歪むようになるのだ。

Beatrix forms an enormous multinational corporation. Her corporation becomes so big, rich and faceless that, like a heavy star bending space-time, the mass of her wealth bends ethics and truth.


知的財産により儲けられそうな利益の可能性を感じ、ビ社が形容詞と副詞の特許を得る。つまりそれらの単語の種類の所有権を主張する。それ以後人がこういう言葉を発行物あるいは口頭で使用する前に許可を取る必要がある。だから腕のある弁護士を連れてこい。そしてライセンス料のためのたっぷりな予算もね。

Sensing the money to be made in intellectual property, the Beatrix Corporation patents adjectives and adverbs. As in, both classes of words. Before anyone can use these words in speech or print, they'll now need to get clearance. You'll need good lawyers, kid. And a plentiful budget for licensing fees.


うん、どうぞ、抗ってごらん。訴訟でも起こしてごらん。彼女にそういう権利がないと主張してごらん。泣きを見るぜ。絶対。

Go ahead. Fight back. File a lawsuit. Tell her she can't do that. Go ahead. She dares you.


やれやれ。

How depressing.


とにかく名詞と動詞の使い方は昔のままなので、依然として最低限の表現なら充分にできる。

Anyway, we've still got nouns and verbs. In a pinch, we can still get our basic message across, as we always have.


あなたは昔のことを思い出す。こうなる前には、若い頃には、形容詞も副詞も自由に使えたのだ。例えば「深い」という形容詞。夜が深い、ということもあった。例えば「神秘的」や「切ない」など。風が神秘的だったり、夜明けが切なかったりもしていた。昔はね。

When you were young, before all this started, adjectives and adverbs were free to use. Take an adjective like "deep". The night could be deep. Take "mysterious" or "aching". The wind could be mysterious, the dawn aching. This was very, very long ago.


あなたの若い頃、実際に夜が深かったのだ。実際に風が神秘的で、夜明けが切なかったのだ。

When you were young, the night was deep. The wind was mysterious, the dawn aching.


しかし今は全てが変わった。形容詞なんかあなたにとってはもう、ない。今は、夜はただ夜だけなのだ。

But now, things have changed. There are no adjectives available to you now. Now, night is just night.


風は風。夜明けは夜明け。

Wind is wind, dawn is dawn.


「夜」と「風」と「夜明け」しかない。それだけ。

There's only night, wind and dawn. That's all.