life with good demons

the ceiling

ある果樹は繁殖方法として美味しい果実の中に種を潜むように進化してきたという。動物がやってきて、果実を食って、どこか違うところへ行ってそこで脱糞すると、その種が肥料たっぷりの環境の中にあるようになるのだ。新しい果樹が生えるのにうってつけの環境だ。

They say that the way certain fruit trees have evolved to reproduce is that they envelope their seed inside a tasty fruit. An animal comes along, eats the fruit, goes up the road, poops it out, and the seed finds itself in a pile of manure—ideal conditions to grow a new tree.


もし人間の生殖も同じように動いたのだったらどうなるだろう。つまりもし人間が生殖するためにトラにでも食われてまた脱糞されない限り新しい人間の子どもが生まれないようになったらどうなるのだろう。

What if human reproduction worked in the same way? What if, in order to reproduce, a person had to be eaten by a tiger and then pooped out again? If only by doing this could new babies be born?


そんな状況の中でどんな人間が進化してくるだろう。

What sort of humans would evolve as a result of this?


それは、足の遅い、トラの口によく合う人間が進化してくるに違いない。

Answer: slow-moving humans who taste good to tigers.


あなたはこう思うかもしれない。「ちょっと待ってよ、足の遅い、トラの口によく合う人間になんかなりたくないし、なんで自然界から私がそんなまずい手札を引かなくてはならないのか」

You might think, "Wait a minute, being a slow-moving human who tastes good to tigers sounds like a terrible state of affairs. Why would evolution deal me such a losing hand?"


しかしこれを覚えておいた方がよい:あなたにとって好都合な状況を作っておく義務は、自然界には何一つないよ。

But it pays to remember this: nature is under no obligation to be convenient to you.