burgler's wine

fireflowers on black

このビアトリクス近藤という人物は何なんだろう。実在する人物だと見なすべきか。実は、彼女をシミュレーションとして見た方がより適正である。何のシミュレーションだろうか。それは、ビアトリクス近藤のシミュレーションなのである。

What is this character called Beatrix Kondo? Are we to view her as an actual person? In fact, a more correct view of her is that she is a simulation. A simulation of what? Of Beatrix Kondo.


研究員が二人いた。(名付け権限をもっていたのは近藤氏という者だった。)出来うる限り正確にビアトリクスをシミュレートする方法を探していたわけだ。

There were two researchers. (The one with naming rights was called Kondo.) They wanted a way of simulating Beatrix as accurately as possible.


仮想環境でのソフトウェアベースのモデルをやめて、むしろウェットウェアモデルにすることに決めた。そういうビアトリクスシミュレータを作成することに特別の装置や施設などは必要がなかったのだ。

Rather than a software-based virtual model, they decided on a wetware model. Fabrication of such a Beatrix simulator required no special facilities.


受胎して10ヶ月が経ったところ、片方の研究員(名付け権限を所有していなかった方・そのせいでそちらの研究員の身分は記録されそびれた)にとって骨を折れるような作業を為したら、それでシミュレーションの運用が無事に開始した。

Nine months after conception, and following a procedure physically arduous to one researcher (the one lacking naming rights—this researcher's name has thus been lost to the records), the simulation was set into motion.


そういうシミュレーションの難点の一つは、実行の所要時間がとても長いところだ。一度一生をシミュレートするにつき、一生と等しい実行時間が必須なのだ。

The one drawback to such simulations is the time they take to run—a simulated lifetime ends up needing a runtime equivalent to one lifetime.


とにもかくにも、現在チームが彼女を綿密に観察しており、この実験によりいったいどんなビアトリクス的な行動が予測されるのか興味津々なのだ。

Nevertheless, the team is now watching her closely, eager to see the Beatrixic behavior she will predict.


僕は、ビアトリクスのシミュレータに妙な親近感を覚えている。僕だってデールストロンバーグのシミュレータだし、太陽のシミュレータを旋回する地球のシミュレータの上に実行中だ。

I feel an odd affinity for the Beatrix simulator. I myself, after all, am a Dale Stromberg simulator, running on a planet Earth simulator which simulates spinning round a Sun simulator.


僕たちがどうなるか、つまり、どんな行動が予測されるのか、その結果をチームが興味津々に視ているに違いない。

I think the team is eager to see how we all turn out. That is, eager to see what sort of behavior we'll predict.