偽偽偽善者

ビアトリクス近藤は大きな借金を作ってしまっていた。返済が遅れに遅れて、利息が厖大に募って、最後に彼女がいつまでもこの借金を返済できぬものとあきらめた。

Beatrix Kondo was pretty deep in debt. After falling further and further behind on her loan payments, she resigned herself to the fact that she just wasn't ever going to be able to pay the loan back.


なので彼女が銀行へ行き、支店長の部屋へ突入し、彼の顔を勢いよく殴ってしまった。

So she went down to the bank, walked into the bank manager's office, and punched him in the cheek.


彼の机の上にある書類を掴んでチリチリに千切ってしまった。

She grabbed documents from his desk and ripped them up.


彼の回転椅子に小便をかけてしまった。

She peed on his swivel chair.


彼のことを「嘘つき」と「穀潰し」と「スケベ」と「ハゲ」・・・本人に向けてそう言ってしまった。

She called him a liar, communist, child pornographer and deadbeat dad—right to his face.


彼のネクタイに、犬が獲物の首を締めるように噛み付いた。

She chewed on his necktie like a dog worrying a squirrel.


すると、彼女が泣き出して、恥のあまり顔を手で隠して、むせび泣きしながらこう言ったのだ。「わかってる。もうこの私を許せないの、わかってるよ。こんな行動なんて、死んでも償えやしない。本当に申し訳ない。もう二度と私の顔を見たくないに違いないの」

And then she collapsed in tears, hid her face in shame, and said, choking back sobs, "I know—I know you can never forgive me. I can never atone for this. I am so, so sorry. I'm sure you never want to see me again."


彼女が走って逃げた。そしてあなたにも、その結末は分かりきったものだろう。銀行が、ビアトリクスという煩いを遁れてありがたいことばかりなので、義務の履行も何も求めないことにした。うまいことやるね!

She ran off. And I'm sure you know how the story ends: the bank, so glad to be rid of her, never forced her to make good on her obligations. A neat trick!


s h a r d
h o v e r
a v i l a
r e l a y
d r a y s