むなしみ

海へ出航しているクルーズ客船にビアトリクス近藤は乗っていた。何の前触れもなくエンジンが止まってしまった。

Beatrix Kondo was out to sea on a luxury cruise ship. Without warning, the engines stopped.


「全員船外へ」と放送装置からの指令。「船をみんなで押し進めるのだ。」

“Everyone overboard,” came a public address announcement. “We have to push the ship.”


船長をはじめ、船員と船客が全員船から海へと飛び込んで行ってしまった。船上の残るのはビアトリクスのみなのだ。ビアトリクスの高い位置から、みんなが船殻へ泳ぎ沿って巨大な客船を大挙押そうとしているのが見えていた。

The captain, the crew and all the passengers leapt overboard into the sea. Only Beatrix stayed aboard. From her vantage, she could see everyone swimming up against the hull of the enormous ship to push it.


独りで頑張る者がいれば、団結して頑張る者もいる。毅然と力を尽くして押す者もいれば、無気力に押す者もいる。しかし他の者がどう行動していることを知りようが誰にもない。船の反対側にいる者らは場合によって互いに反対方向へと押してしまっていたりもする。統率者たる者もおらず計画性の気配もない。

She could see that some worked alone, others in groups. Some pushed mightily, others lackadaisically. But none of them had any way of knowing what the others were doing. Those on opposite sides of the boat sometimes pushed in contrary directions. There were no apparent leaders and no apparent plans.


船は少しく動いた。ちょっとこちらへ動いては、ちょっとあちらへ動く。

The boat moved a bit. A little this way; a little that.


海を泳いでいる一人が上にいるビアトリクスへ呼びかけた。「おい!前進してんのか?」

Someone called from the water to Beatrix. “Hey! Are we making progress?”


「さあ」とビアトリクスは呼び返す。「確かに・・・ 動いているよ。」

“Well,” Beatrix called back down, “we’re... moving.”


r i g h t
i g l o o
g l o r y
h o r s e
t o y e d