殺意に満ちた眼差し

亡くなった我が子の死体を私に運んできて蘇生させてくれと乞い願う人がよくいる。私がいつも「芥子の種の一握りを要する」と言う。

People bring their dead children to me and beg me to restore them to life. I say, “I need a handful of mustard-seed.”


「しかし子や連れ合いや親や友を一度も亡くしたことのない家からの芥子の種でないといけないのだ」

“But it has to be taken from a house where no one has ever lost a child, spouse, parent or friend.”


こんな芥子の種を見つけ出すのは困難な仕事だよ。ここの村民はそんな芥子の種を要する際は、ビアトリクス近藤の家を訪ねる。

This is a hard sort of mustard-seed to find. When people in this village need such mustard-seed, they go to see Beatrix Kondo.


訪問者に配るために玄関のところに彼女はその芥子の種の瓶を置いておいているのだ。

She keeps jars of the stuff by the door, to have it handy for visitors.


s h i f t
h o n o r
i n a n e
f o n t s
t r e s s