the last post and chorus

魔法の鉱石ラジオをビアトリクス近藤は持っていた。よく話し合っていた。

Beatrix Kondo had a magical crystal radio set. They talked a lot.


その「魔法」というのは、どの事柄についても「本当」を教えてくれる力が鉱石ラジオにあった。

The 'magic' in the crystal radio set was in its ability to tell the truth about anything she asked it.


しかしその確度はだいたい50%のみである。

However, it was right only about half the time.


「過去と現在と将来と、すべて存在するの?」とビアトリクスが訊いた。鉱石ラジオがやや鬱陶しそうな雰囲気。知るか、と言わんばかりのラジオの態度だった。でもそれはただ、そういうラジオだっただけなのだ。五分五分の確率で知っていただろう。

"Do the past, present and future all exist?" asked Beatrix. The crystal radio set seemed a bit annoyed. How should I know? its attitude seemed to communicate. But this was just its way. In fact, it had a fifty-fifty chance of knowing full well.


「過去はもう無いんじゃない」とラジオが言った。「故に存在しない。」なるほどとビアトリクスの表情が伝えた。

"The past is gone, isn't it?" said the radio. "So it doesn't exist." Fair enough, Beatrix's expression seemed to say.


「でも私がさっき訊いた質問だって、過去にあるんじゃない?」

"But what about the question I just asked? Isn't it in the past now?"


「その質問を訊いたってどうして確信してるのか」とラジオが問い詰める。「憶えているからだけなのか?はいはい、次の質問!」

"How do you know that you asked it?" demanded the radio. "Because you remember it? Is that all? Next question!"


一歩先に考えておこうとするビアトリクス。「次に言うのはきっと、同じ法則に従って将来も存在しない、ということだろう?」ラジオは何の答えもしない。

Beatrix did her best to think ahead. "So you'll probably say that the future doesn't exist either, on the same principles as the past." The radio made no answer.


「それに現在というのはただ、存在しない過去と将来の間に挟まられる膜のようなものに過ぎないとも」とビアトリクスは追及した。依然としてラジオは無口だ。そう思いたいんであればそれでいいんじゃない、と言わんばかりの態度を醸し出していただけだ。

"And that the present is only the thin film between the nonexistent past and future," pursued Beatrix. Again, no answer from the radio. If you'd like to think so, fine with me, its attitude seemed to suggest.


「過去か現在か将来か、私たちはどちらに住まうの?」とビアトリクスが訊く。

"Do we live in the past, present or future?" asked Beatrix.


ラジオが満足そうにパチパチした。やっとよい質問が出たなとの表情だった。「さあ、逆に君への質問だ。自殺を思案したことがあるのかい?」

The radio gave a satisfied crackle. Finally a decent question, its expression said. "A question for you, then. Have you ever contemplated suicide?"


「ない」とビアトリクスが即座に答えた。

"No," said Beatrix at once.


「俺はある」魔法の鉱石ラジオが淡々と話していた。「しかし何かが俺に再考を促したのだ。それは何だったと思うかい?」

"I have." The magical crystal radio set spoke matter-of-factly. "But something gave me pause. What do you think it was?"


「紛失を恐怖していた」とビアトリクスは当ててみた。「でも過去を紛失することじゃなかった。過去はもう存在しないと教えてくれたばかりだし。」

"Fear of loss," guessed Beatrix. "But not loss of the past. You just told me the past is gone and doesn't exist."


「言ったな」とラジオが肯いた。「50%の確度でな。さて、俺が現在を失うことを恐れていたのかい?」

"I did," agreed the radio. "With a fifty percent chance of accuracy. Did I fear to lose the present, then?"


少し考えてから、真っ先に思いついていた答えをビアトリクスが出した。「違う。先づ死のうと考えていたのなら、そもそも現在はあなたにとって何の価値もなかっただろう。」

Beatrix thought for a moment, then gave the answer that had initially occurred to her. "No. If you were thinking of dying in the first place, the present meant nothing to you."


「求めている答えが分かったままこんなことを訊きやがった印象だけれど」とラジオがつぶやいた。「でもまあ、そうだろうね。我々は死を恐れるなら、それは将来を失うことを恐れているだろう。故に将来に住まうのだ。」

"One gets the impression," said the radio, "that you began this line of inquiry already knowing the answer you wanted. But, yes. If we fear to die, it is to fear to lose the future. Ergo, we live in the future."


「でも将来も存在しないと言ったんじゃない」とビアトリクスが抗った。

"But you said the future doesn't exist either," protested Beatrix.


そう思いたいんであればそれでいいんじゃない、と言わんばかりの態度の魔法の鉱石ラジオだった。

If you'd like to think so, fine with me, the magical crystal radio set's attitude all but said.