心許なく

ビアトリクス近藤はニューメキシコ州の砂漠の中での考古学発掘遠征を率いた。彼女らは骨の見つかりそうな場所を見つけて発掘作業を開始した。

Beatrix Kondo headed an archaeological expedition in the New Mexico desert. They found a spot likely to produce bones and started digging.


現場の穴から割とすぐに、巨大な恐竜の骨が出土された。凄まじい発見であって、参加者の誰もが大興奮した。

From their dig, very soon a tremendous dinosaur bone was unearthed. It was a prodigious find. Everyone was thrilled.


すぐさままた二本目の骨を見つけて、この骨も一本目と同じくらい重大な発見だ。そしてまたすぐに、もう一本の骨。それからもう一本、そしてまたもう一本。

Soon after, they found a second bone, as momentous a discovery as the first. And right away, another bone. And then another, and another.


続々と彼女らが掘っていた穴から骨が出土されていった。巨大な物も小さい物も、どれも太古だけれど素晴らしい状態の絶品だ。しかも各種の前代未聞のバラエティもあった。発見される数もそのペースも圧倒的すぎて考古学者たちは分別も諦めてただ穴のそばに放り投げるだけというはめになった。これが数日間も続いた。

Bone after bone came out of the pit they were digging. Large bones and small, ancient but in excellent condition, in a variety never before seen. So many appeared, at such a great rate, that the researchers gave up trying to classify them and simply heaped them next to the pit. This went on for days.


ある朝ビアトリクスは骨のてんこ盛りを見て、それから穴の方に目をやって、妙な事実に気がついたのだ。それは、その骨の数は明らかにその大きさの穴に収まらない程度だったのだ。

One morning, Beatrix, gazing first upon the pile of bones, then upon the pit, made a queer discovery: there were clearly too many bones to have come out of a pit of that size.


(まず穴の中に骨をすべて戻すなんて、この遠征に投資されていた莫大な研究費を考えると問題外ではあったが)すべて穴の中に戻そうとしたところで、絶対に入りきれないものだった。この事実だけをビアトリクスは確信した。

She was certain that, were the team to try putting all the bones back again (which would be absurd, considering the amount of research funding invested in this expedition), they would never all fit.


掘り下げた過去の一層が収容しきれないほどの、過去についてのデータを発掘してしまっていた。過去が多すぎて、が足りない。

They’d found too much data about the past to have been contained in the slice of the past they’d dug into. Too much past, not enough pit.


「こんなことなんて、一体どんな説明がつくのだろう?」とビアトリクスが不思議がった。

“Now, how do you account for that?” wondered Beatrix.