cien años de quietud

東京で何度か同じステージを共有することができた友達Violette Mothさんは、Joseph K.さんとのコラボレーションアルバムをリリースした。

Violette Moth, an artist I’m happy to have shared a stage with a few times in Tokyo, has released a new album with Joseph K.


ロンドンで二人で録音したこの電子音とアコースティック音の交わったアルバムは、色味や陰影を貢献するノイズや電子音の装飾によって、アコースティックな音が引き立たされると特に効果的なサウンドだと思う。

Recorded collaboratively in London, the album is a mix of electronic and acoustic sounds that works best when the acoustic is allowed to breathe and is spiced and colored by the electronic and the noise.


以前のViolette Mothのライブや録音のサウンドに見られたグランジな迫力は今回はあまり見られない。昔の熱烈なボーカルは、今回は疲弊と悲しみと諦めを漂わす歌い方に代わっている。

Most of the grungy aggression that characterized the earlier Violette Moth sound is gone; the fiery tendencies of the vocals on earlier recordings have given way to a weary, sad resignation.


ボーカルも伴奏も、実験性を帯びるヨーロッパっぽく淡い陰鬱な雰囲気が感じられる。今現在私が贔屓しているトラック:Nuvellevague.

Both vocals and backing music exhibit a kind of light European melancholy with experimental touches. Favorite track of the moment: Nuvellevague.


気が向いたら聴いてみてね。私はAmazonで買ったよ

Check the album out if the mood strikes. I got my copy on Amazon.