非決定論者

自分の言葉に対する創造力の足りなさについて、自分でも不思議に思う。

It strikes me as strange, how badly I lack verbal imagination.


青春の頃に初めて「女性」に気づいた。当時やはり外見のみを見てしまっていた。なので誰かが「かわいい」とか「きれい」だとか思ったりしていた。

As a lad, I first began to notice females. Back then, all I noticed were their looks. So I'd think someone was 'cute', or 'pretty'.


最高の褒め言葉は「美しい」だった。ルックスの極端に優れた女性に対して使用する語だった。

This highest praise of all was 'beautiful'. This word was reserved for the most physically stunning girls.


喜ばしいことに、時が経つにつれてある人のことを段々知ってくることができた。その結果、今は様々な意味で彼女のことを感心に想うことになってきた。

The passage of time has given me the privilege of learning more and more about a particular person now. I know enough to find her admirable in manifold ways.


彼女の立派な強さと機転を感心し、彼女の知力とあきらめの良さを憧れ、彼女と共有する時間の自然な浮き沈みを堪能し、彼女の好感を(絶望すべきだが)願う。

I admire her strength and savoir faire, envy her intelligence and inner resignation, savor the ebb and flow of time shared with her, and hope (in vain) for her approval.


しかしこの気持ちを言葉にしようとすると、出てくるのはただ「美しい」だけなのだ。

And yet to put this into words, the best I can do is to call her 'beautiful'.


あまり表現に頑張っていないでしょうと思われてもおかしくないよね。

You'd be forgiven for thinking that I'm not really trying.