slowdown

ブルーアワーの新譜「ザ・ウィンター」の五曲目「スローダウン」では箕輪純さんのギターが初めて登場する。

The fifth song on the new Bluehour album 'The Winter' is called 'Slowdown'. This song marks the entry of Jun Minowa's guitar.


録音の一回目のラウンドで五曲分を録れて、その重点は河井さんとバイオリンの入山さんとのコラボレーションだった。

The first round of recording produced five songs; the focus was on Kazuya's collaboration with violinist Hitomi Iriyama.


箕輪さんが自営のレーベルでリリースすることに快諾してくれたら、また五曲分を追加する話になった。今回はバイオリンに代わって箕輪さんのギターが三曲に加わることになった。

After Jun agreed to put out the songs on his label, we got to talking about adding five more songs. In place of violin, Jun agreed to contribute guitar to three tracks.


その中で「アムステルダムの風車のように廻る」という一曲はアルバムに収録されないことになった。良い曲で箕輪さんのギターがかっこよくて冴えていたので、残念だなと思った。

One of those, 'Turn Like the Windmills of Amsterdam', didn't make it onto the album. I'm bummed about that, because the song is good and Jun's guitar really soared.


参加してくれる三曲とも、録音する際、箕輪さんはどう弾くか明確な構想をもってスタジオに来てくれた。丁寧な方で、厳密に曲のためになること以外絶対に弾かないタイプ。

For all three songs, Jun came into the studio with a clear idea of what he was going to add. He's a very careful artist and only wanted to play what would be best for the songs.


本人も自分で録音する経験をもっていて、何をやりたいかはっきりとしたアイデアのあるアーティストを録音する際、こちらの仕事はただ録音ボタンをポチッと押すことだけになる。

When you record artists who themselves have experience recording, and who have such clear ideas of what they're going to do, all you really need to do is hit the button and wait.


河井さんは常に私たちと一緒にいたわけでもないように憶えている。時々スタジオの部屋に顔を出して「どうなってるかい?」と訊ねて、私たちが作業中の曲を聴かせる形だった。

I seem to recall that Kazuya wasn't always with us. He'd come in to the studio and say, "What have you got?" and we'd play him a song.


箕輪さんのギターは曲に縫い目なく馴染んでいると私は思う。河井さんや私がほぼ何の指示も出さずに、そのままうまくいったことは、箕輪さんがどれだけ直感的なアーティストかの証拠だ。

I think Jun's guitar blends seamlessly into the songs. For it to have worked out so well, with a minimum of input from Kazuya or me, shows what an intuitive artist Jun is.


このブログ記事は「ザ・ウィンター」に関する記事のシリーズの一環だ。興味があれば最初の四曲分の記事もご精読ください。

  1. 24
  2. ブロークン
  3. アイ・アム・ゼロ
  4. 惚れ薬

This post is part of a series on 'The Winter'. If you like, you can read my thoughts on the first four songs:

  1. 24
  2. Broken
  3. I Am Zero
  4. Horegusuri