good grief

さて、一本前のブログ記事では、私が書いた長編小説を載せた。もし読むことに興味があればダウンロードしてみてください。

So, in the last post of this blog, I posted a novel I've written. Feel free to download and read it, if you're interested.


小説の由来を説明しよう。20代の私はフィクションの作家を憧れていたのだ。

Let me explain where this book came from. When I was in my twenties, I aspired to be an author of fiction.


短編小説や他の作品をいくつか書いた上、長編小説も二冊書いてみた。

In addition to a number of short stories and other stuff, I wrote two full-length novels.


一冊目はクズだと私は判断し、破棄した。実物もデータも全て破棄することができたはずだ。(振り返ってみると、記憶の限り、うん、やっぱりクズだった。)

I decided that the first one was garbage and threw it away. I believe I managed to delete all physical and data copies of it. (From what I remember of it now, yes, I still think it was crap.)


二冊目も同じ始末に遭遇するはずだった。初期のより短いバージョンを何人かの友人や教授に見せたりしてから、長編に拡大する作業に取り掛かった。日本に移住したときその手書きの原稿を持ってきて、日本にてもしばらくの間作業を進めていた。

The second was supposed to have met the same fate. I showed some shorter, early drafts to friends and professors; then I set about expanding it to novel length. I brought the manuscript with me to Japan and kept working on it there.


が、またもや自信を失くして投げることにした。自信を失くしては投げる、自信を失くしては投げる・・・これは私の人生において賞賛すべきではないパターンだ。

But once again, I lost faith in it and decided to chuck it. This has been an unadmirable pattern in my life—lose faith, chuck it; lose faith, chuck it...


しかしマレーシアへの移住の準備をしていたとき、思いがけなく書類のてんこ盛りから手書きの原稿を発掘した。

However, when preparing to move to Malaysia, from among some papers I unearthed a handwritten draft of the novel.


(これは最新版ではないようだ。特に、私が書いたことを鮮明に憶えているワンシーンは含まれていないのだ。そのワンシーンをゼロから書き直せるほど鮮明に憶えていないが。)

(This doesn't seem to have been the very latest draft; in particular, there is a scene missing which I vividly remember writing—though not vividly enough to write it again.)


破棄したつもりの日から発掘した日まで約10年も経つため、小説の存在自体に対する嫌悪感がだいぶ薄くなってきていることに気づいた。それでもそんなに読む気はなかったが。

With about a decade between chucking and unearthing the thing, I found I'd lost much of my loathing for the book's very existence. I still wasn't that keen to read it.


けれど「まあいいんじゃない」的な瞬間的な楽観的な決意により、打ち直して何人かの友人に共有することに決めた。どこかで誰かが、気に入ってくれるかもしれない、と思って。

But in a what-the-hey access of optimism, I resolved to type it up and share it with a few people. "Who knows, maybe somebody will like it."


結局のところ打ち直すだけでなく、我慢ができなくて一番気に入らない部分たちを直さざるを得なく感じた。

In the end, I couldn't just limit myself to retyping. I felt compelled to try and fix up some of the worst bits.


でもウンチのかけらをどれだけ磨いても、最後に「こいつはこれ以上輝かないだろうな、だってウンチのかけらだし」と好い加減に諦めるべきだ。なので、直すのを辞めて、アップした。

But you can only polish a turd for so long before you've got to admit to yourself that it ain't getting any shinier. So I've put an end to the fiddling and futzing and uploaded the thing.


以上のような自信満々な紹介文を読んだあなたはきっと小説も読む気満々だろう。よければ、ぜひ。

With such a razzle-dazzle introduction, I'm sure you're raring to read it now. Well, please do.