24

ブルーアワーのファーストアルバム「The Winter」の一曲目は「24」という曲だ。

The first song on Bluehour's album The Winter is called '24'.


歌詞の意味、確実には分からない。聴く側は勝手に歌詞の意味を見出す。作詞家はそのエンコードを決めるのだけれど、デコードは決められないものだ。歌詞の内容は多分、大事な人と(もしかしたら死別する前の)最後の一日を過ごすことを語っていると私は勝手に思う。

I don't know what the lyrics are about. Listeners find their own meaning to lyrics; the writer only has control over the encoding, not the decoding. What I think it's about is someone spending one last day with someone they care for, perhaps before death divides them.


この曲は、アルバム二部分目の録音の一曲として録った。一部分目はサウンドを意図的に厳密にフォークロックに限っておいて、バイオリンの参加が前提の曲だった。二部分目はそれほどトラディショナルではないアプローチに決めたのだ。

We recorded this song as part of the second batch of songs for the album. The first batch were strictly folk-rock and featured violin prominently; for the second, the sound was to be less traditional.


音楽では私の好きなことの一つは、ある要素をここぞというところまでとっておくことだ。ベースが入るでしょうところより一小節遅れて入ってくることやスネアドラムが頂点のところにやっと登場することに、聴く側は気づかないだろうけれど、こんなアレンジに対して私は満足を覚える。

One of my favorite things in music is when something is held back for a while. Listeners might not notice that the bass comes in a bar later than you'd expect, or that the snare drum is saved till the climax. But I find myself satisfied with these arrangement decisions.


この曲のクライマックスは、轟きを避けようとした。河井さんの元々の作品には繊細な一回目のクライマックスと浄化的な二回目のクライマックスがあり、両方とも各々の悲痛を催す。伴奏のアレンジは当たり前のように決まってきた。その中で、二回目のクライマックスのところにうるさく騒ぐのも不法に感じた。

For the climax, I tried to avoid thunder. Kazuya's original songwriting features a delicate first climax and a cathartic second one, both heartbreaking in their way. There was really only one way the backing instruments could go. But it felt wrong to hammer away in the climax.


この録音に裸の、やや耳にぶつかるような音が入っている。ドラムは所々ぶっきらぼうで、Eボー(ギターの弦を振動させる小道具)が時々弦に当たってビリビリいう。そんなこと。聴く人は、演奏家と同じ部屋にいて、混じって座っている感じになるとうれしい。

There are some naked, rather jarring noises in this song. The drums are sometimes blunt. The e-bow buzzes against the strings in a few places. Things like that. I hope listeners feel like they're in a room with the musicians, sitting right among them.


アルバムは11月4日発売だったよ。デューフォール・レコードから購入して

The album was released 4 November. Buy it from Dewfall Records.