終止符の残り香

来週の金曜日に、一回だけブルーアワーのメンバーになって、ベースとコーラスを担当することになっている。ブルーアワーは僕の大好きなアーティストなので、もし暇だったら(このブログを読んでいるぐらいの人はみんなとても暇そうなのだけれど)是非遊びに来てほしい。

Next Friday, I'll become a one-time-only member of Bluehour, handling bass and backing vocals. Bluehour is one of my favorite Japanese artists, so if you're not busy (and anybody idle enough to be reading this blog must surely not be busy), you should come.


ところでこのライブは、僕が日本を出る前の最後の公演となる。8月頭にマレーシアのクアラルンプールへ移ることにした。

By the way, this will be my last show before leaving Japan. At the start of August, I'll be moving to Kuala Lumpur, Malaysia.


日本に来たときはどれぐらい日本にいるか想像すらしていなかった。一年だけいるかも知れなかったし、一生いるかも知れなかった。

When I first came to Japan, I had not the slightest idea how long I'd be here. It could have been just a year, or it could have been a lifetime.


結局は11年半となる。そんな長い間になるとぞれ以前の事がぼんやりとしか思い出せなくなる。それ以前の自分さえも。

In the end, I'll have been here eleven and a half years. After so long, I can barely remember anything from before. I can barely even remember the person I was before.


でもそれはどうでもいい。時間は過ぎる。時間の過ぎることは惨事でも慰安でもある。

Not that it matters. Time slips by. That it slips by is both tragedy and consolation.