未来以後

僕が生まれたばかりのところ、魔王がこっそりと僕の傍に現れ、僕の耳許でこうささやいてくれたのだ。

Just after I was born, the devil crept to my side and began to whisper into my ear.


「自分の性格を自由に選択しろ」と。

"Choose now what you will be," she said.


「気長な人になるか性急な人になるか選べ」

"Do you want to be a patient or impatient person?"


「保守的な性格になりたいか自由奔放な性格になりたいか選べ」

"Do you want a conservative or a freewheeling personality?"


「下品なものか上品なものか、どんなユーモア感がほしいか選べ」

"What kind of sense of humor will you give yourself? Bawdy or refined?"


「物欲の強い人になるかどうか選べ」

"Do you choose to be greedy for possessions or detached from them?"


「食べ物や芸術や音楽の趣味も定めろ」

"Choose now what sort of food, art and music you will prefer."


「そして物事を分析してから判断するタイプになるか勘で決めるタイプになるかも決めろ」

"And choose also whether you will tend to think with your head or your heart."


僕は魔王にこう答えた。

This is how I answered her.


「選びかねます」

"I cannot choose."


「生まれたばかりの僕はまだ自分の性格を選んでいない。性格がまだ決まっていなければ好みも傾向もない。好みも傾向もなければ自分の性格の選択に影響を与えてくれるものもない。だからパラドックスに束縛されてしまっている。最初に性格を選びかねるのならそれからの選択も決定もしかねる。したがって自由意志がないのだ」

"I've just been born and haven't yet chosen a personality for myself. With no personality, I have no preferences or inclinations. With no preferences or inclinations, I have nothing influencing me to choose a personality for myself. I'm caught in a paradox: being unable to make this first choice, I am incapable of making any others. Thus, I have no free will."


魔王は優しく微笑んでくれた。「私の勝ちだ」と彼女は言った。

The devil smiled. "I win," she said.


「なぜ?」と僕は訊いた。

"How so?" I asked.


魔王はこう答えた。「君に自由意志がなけりゃ地獄に行かせられ得ないのだから」

"If you have no free will," she replied, "then you cannot go to hell."