glaciar de las lágrimas

ビアトリクス近藤は僕を殺害してから裁判は行われてた。

After Beatrix Kondo murdered me, there was a trial.


裁判官は小槌をとんとんと叩いた。

The judge banged his gavel.


被告側は第一の弁護のために証拠物を呈した。それは知能指数の検査の結果なのだ。

The defense presented their main argument, in the form of IQ tests.


ビアトリクスの知能指数は非常に高くて、僕のはまあまあそんなに高くないそうだ。

There were Beatrix's IQ test results, very high. Then there were my IQ test results, not so high.


「正当化しうる殺人」と被告側は論ずる。

"Justifiable homicide," argued the defense.


小槌はとんとんと叩かれる。「無罪だ」と裁判官は裁く。

Bang, went the gavel. "Not guilty," quoth the judge.


さて。2014年の初まりに僕は、あまり意味のない目標を定めた。それは毎日ブログを更新する事だった。実は毎日は出来なかったのだ。365日にわたって309の記事だけしか書けなかった。つまりよくサボったのだ。

So. At the start of 2014 I set myself a goal. It was a largely meaningless goal—to write a blog post every day of the year. I didn't quite manage it. In 365 days, I wrote 309 posts, counting this one. In other words, I sometimes slacked off.


とにかく一年が終わって、もう毎日は更新しなくてもよくなっている。実はこれでもう更新しなくなるかも知れない。知らないけど。

But the year is over, and I don't intend to update this blog daily anymore. In fact, I don't know whether I shall ever update it again at all.


ここまで読んでくれてありがとうございました。お元気でね。

Thank you for reading this far. I wish you all the best.