婚プレックス

ビアトリクスが小説を読みながら、彼女の太ももの上に猫のブリックサが寝ている。猫の重さを感じてビアトリクスは安心する。

Blixa naps on Beatrix's thigh as Beatrix reads a novel. Blixa is her cat. His weight on her is calming.


しばらくしたらビアトリクスは思わず身体を微妙に動かす。するとブリックサは一度ミャーと鳴いて太ももの上を辞めて掛け布団の反対側に寝る場所を見つける。

After a while, she unconsciously shifts her body a bit. Blixa mews once and steps lightly off of her leg. He finds a spot to sleep at the other end of the duvet.


ビアトリクスはその重さが淋しい。でもまた太ももの上で寝るように促せない。いてほしいのではなく、戻ってほしいのだ。

Beatrix wants his weight again. But she can't beckon him back to her; she wants him not to be back, but to come back.


しかし身体を動かしたせいで猫も動いた。仕方ない。そんな猫だから。

But she moved, so he moved. That's how he is.


「私と似ている。」とビアトリクスは思う。

"And I'm like you," Beatrix thinks.