暗と明:紙一重

この間の記事で世の中のあれこれが、特に性的な事柄に関するあれこれが、違ったらいいのになと書いていたとき、一つ書き忘れたことがあった。

In an earlier post when I was sounding off about things I wished were different, especially related to sex, there was one thing I forgot to mention.


特に英語だけにある問題だけれど、よほど何かを欲して道理から外れてでも得ようとする人、例えば人気の亡者などのことを「フホワー(妾)」と呼ぶ口癖の人は少なからずいる。

I really wish people would stop using the word 'whore' in constructions like 'attention-whore' or 'media-whore', referring to people who will cast away all morality to satisfy a hunger or want.


この言葉は、男が抱く女に対する(特に性的な存在とする女に対する)憎しみと恐怖を表す語だ。

'Whore' is a word men use to express their hatred and fear of women, especially female sexuality.


女同士もこの言葉を用いることは、愛を失うことや拒否されることに対する恐怖の表現でもあり、社会によく通用している「男の不倫は実は男のせいじゃない」という男尊女卑な概念を思わず鵜呑みにしている証拠でもある。

It's a word some women use to describe other women, especially out of a combination of fear of loss or rejection, and a blind acceptance of our society's notion that, when a man strays to other women, it's not really his fault.


風俗などを生業にする女性または男性は「性労働者」と呼ぶべき。度を過ぎて人の注意を惹こうとしたり有名などを求めたりする者のことを「かまってちゃん」など呼びましょう。でも「フホワー」は憎悪の言葉で、良心的な人々はその言葉を自分の語彙から抹殺しなくてはならない。

Women and men who perform actual sex work should be referred to as 'sex workers'. People who seek an undue degree of attention can be called 'attention-grabbers' or something similar. But 'whore' is a bit of hate speech that conscientious people should work hard to eradicate from their vocabularies.


これも、世の中が違ったらいいのになあと僕が思う一件だ。

This is another way that I wish the world were different.