gardener of human happiness

なぜ何万年前に人間達があらゆる物の意味を示す言葉を作り出し始めたのかは僕にとって興味深い謎だ。でもそのうちでいっそ更に面白いのは、なぜ何の物の意味も示さない言葉を自然に発するかという謎だ。例えば「あのー」とか「えーと」とか。

It's a mystery to me why people first began to make words for things tens of centuries ago. But another very interesting mystery is why we naturally produce words that mean nothing, like 'um' and 'uh'.


何を言えばいいかあるいはどう言えばいいか考えようとしているときなどに、そういった言葉は思わず考えず口から自然に出てしまう。

These words just seem to flow unconsciously out of us, usually when we're working on what to say or how to say it.


どの文化にも同じような言葉があるだろう。英語だと「アーム」や「アー」と言う。

I suspect that every culture has them. In Japanese, people say 'ano...' or 'ehto...'


神経言語学者は脳みそのどこから、どんな経過で言語が生まれるか知ろうとしていると思うけど、「あのー」や「えーと」の謎を解かないといつまでもそれが分からないだろう。

There are neurolinguists who are trying to understand just how language works. I've got a hunch that they never will until they can figure out 'um' and 'uh'.