rash ideals

人間の心理の根本的なところに、包装を深く愛する要素があるに違いない。何もかもプラスチック製の袋に包まれると表れる妙な満足感というか。

I think there must be something fundamental in human psychology that loves wrapping paper. A sense of satisfied completeness from having everything in plastic baggies.


パン屋さんの列に並んでいたときに気づいた。特に日本では、店員さんが一個一個のパンの欠片を紙に包み、更にプラスチックにも包み、セロテープで閉じ込み、紙袋に入れ、最後に(今日は雨だから)プラスチックの外袋にも入れるその作業を見ている消費者にはいつまでも待てる力があるみたいで、そこが目覚ましいのだ。

This occurred to me in line at the bakery. Especially in Japan, consumers seem to possess limitless patience when it comes to watching a shop assistant wrap each bit of bread singly in paper, then plastic, tape it up, collect it all into a paper bag, then further slip this package into a protective plastic bag (since it's raining today).


その辛抱強さはいずこから?その目にも見えそうな満足感はいずこから?自分に値する物をそのままもらえているような満足感とそっくりだ。例えば銀行員が貯金引き出しをていねいに数えてくれているのを見ているときのような満足感。

Whence this patience? And whence this air of satisfaction? It's the sort of look you get when you're receiving just what you know you deserve—sort of like watching a bank teller count out your withdrawal for you.