踊り場

昨日ここで書いたことをまた考えて、もう少し書きたいと思った。

I was thinking about what I wrote yesterday, and I want to expand on it a bit.


僕が死んだとき、あなた方は僕の葬式を行うんじゃない。「サイゴの日」を行ってほしい。

When I die, you’re not going to have a funeral for me. You’re going to have a Last Day.


サイゴの日とは?それは、もし死んだ者が甦ってまたもう一日だけ生きるようになったら、その最後の日を本人はどう過ごしたがるだろうと、想像するんだ。そして、その人の死を気にしている人だけは、想像の通りに一日を過ごしてあげるのは、サイゴの日のことだ。

What’s that? A Last Day is where you imagine, if this dead guy could come back to life for only one more day, what would he want to do with his last day? And then anybody who gives a damn about my being dead, it’s your job to live that Last Day for me.


この僕ならどう過ごしたいか分かるだろう。遅寝してゆっくりと朝食を味わって、独りで読書したり、もしその気になったらそして天気が晴れていれば外で適当に独りで散策をしたり。

You know what I’d want to do. Sleep late, eat a slow breakfast, read a book alone, take a wander outside alone if the mood strikes and the weather recommends it.


夜になったら少人数だけで集まって外食して、充分に飲酒して、あれこれ話し合って、音楽をかけたり奏でたりして、寛ぐのだ。

That night, get together with just a few people and go out to eat, drink plenty, talk about stuff, play music and relax.


押し付けがましくしたくないが、やっぱり僕のサイゴの日だからいくつかの規則を設ける権利はある:①カラオケ禁止 ②仕事の話も禁止 ③感情的にムキになった人は出口へ。あと、そこにテレビがあったら必ず消すのだ。

I don’t want to spoil anybody’s good time, but it’s my Last Day so I get to make a few rules: no karaoke, no talking about work, and no emotional drama; also, if there’s a TV set around, you have to turn it off.


そして深夜になったらもし誰か二人っきりになりたい人がいたら、そうしなさい。

And if at the end of the evening you’ve got somebody to pair off with, make that happen too.


そこそこいいサイゴの日でしょう?とにかく葬式なんかよりはずっといいだろう。

A pretty good Last Day, right? It would beat the hell out of a funeral.