酸素欠乏 / the picture moves too slow

Minoru Yamaguchi
Minoru Yamaguchi

ビアトリクスは読書に耽っている、

Beatrix is deep into her reading,


色々な問題に関する読書

とても理論的な

歴史的な

心理学的な

人文学的な

そして人間的な興味をそそる問題に関して

深く耽っているところを、

ベッドの中にいる彼女の後ろから聞こえてくるのは

男の寝息だ

ビアトリクスの男

肉付きのよいどすんと存在する身体の男

色々な肉っぽい匂いをもつ男

に気づくと

考えていたことが全て

明け方の魑魅魍魎のように退散する。

彼はいる。

reading deeply on various questions
of interest for theoretical
historical
psychological
sociological
and deeply human reasons,
and in the depths of this depth,
from behind her (in the bed—she’s reading in bed)
she hears the nasal sleeping breathing of a man
her man
her meaty substantial man and his various meaty smells and weights
and everything scatters like frightened wood sprites at dawn
he’s there
and she recollects him.


愛しい

と彼女は思い、読書の内容を忘れて、

その深さや知的な難解さなどを忘れて、

鼻を鳴らす寝息だけ聞いている

こんな寝息は普通の人ならちょっと気になるはず

少しくかわいくても、普通は

気になる

が、男の呼吸の音が

無数の驚天動地の空論を瞬殺してしまう。

なんてバカな。

ビアトリクスは泣きそう。

でも聞いて。寝ている彼の呼吸を。

聞いて!

I love you
she thinks, forgetting all she was reading,
the depth or intellectual heft of it,
hearing only the nasal breathing,
which any sane person would find a little
gross
a little bit cute, perhaps, but
gross
and yet the sound of his respiration
sweeps the rug out from under ten million theoretical marvels.
How stupid. She could cry.
But just listen. He’s breathing in his sleep.
Just listen!