やつらの勝ちだ

Minoru Yamaguchi
Minoru Yamaguchi

ビアトリクス近藤は台所の電灯に対して、震えるような恐怖を覚えている。

Beatrix Kondo lives in mortal terror of her kitchen lamp.


その電灯をつけるだけでフライパンや鍋にくっついている食物の欠片はどれも鮮明に浮いてしまうように見えるのだ。

Turn on that lamp, and every particle of food stuck to her frying pans and pots stands out in clear illumination.


壁の幅木の辺りの真っ黒のカビが真っ白の漆喰と対照になって引き立って目につくのだ。

The spreading black blotches of mold along the baseboards fairly leap out against the whitewash.


どれだけ掃いていないか、どれだけ床を拭いていないか、どれだけ束子でごしごししていないか、目に見えるほど明らかだ。

It's evident to the eye how long it's been since she swept, since she mopped, since she scrubbed.


だからこそ台所の電灯とその電灯が照らしてしまうはずの惨い光景を、ビアトリクスは怯えるのだ。

For these reasons and more, she fears her kitchen lamp and the miserable kitchen it would illuminate.


この恐怖に囚われているところ、彼女はルネ・マグリットが言った言葉を思い出す。「太陽の光が惨めな世界を照らして見せるからといって、その光を怯えてはいけないのだ。」

It is in the throes of this terror that she recollects the words of René Magritte: "We must not fear daylight just because it almost always illuminates a miserable world."


「しかしこの言葉は今の私には全く関係ないわ」と彼女は思う。

"But this quotation," she thinks, "is irrelevant to my situation."