心を囲繞する掘割

人間の心(特に判断などの働きをするという「心」)が頭の中の調整室にいる一人だけの小さな支配者みたいなものだと想像する人は少なからずいると思う。

I think there are those who imagine a person's mind to be like a lone decision-maker inside the head, a homunculus in a central control room surrounded by levers and panels.


僕は違うと思う。人間の心は官僚政治みたいなものだと思う。

I've got a different impression. I think a person's mind is like a government bureaucracy.


何か決断が必要となる。或る課が草案を作成する。吟味の過程が始まる。

A decision is needed. One office originates a proposal. The review process begins.


それぞれの役人が草案を拾うたびに部分修正されていく。未来を考慮する課もあれば今現在の欲望を取り扱う課もある。道徳部も性欲部も物欲部もあって、おのおのが草案に手を加える。論理と一般原則の研究所もあるけれど、常に予算に困っているものだ。そして最上階の重役室には自尊心大臣の会議所がある。全ての部・課・所が草案を取り上げて何かを付け加え、何かを削除し、何かを修正する。それで次の課に回す。

Every time the proposal crosses another person's desk, it's modified. One department is responsible for thinking about the future. Another promotes present and immediate desires. There's a morality division, a sexual urges division, a greed and acquisitiveness division. There's an office (perpetually underfunded) of logic and general principles. In the executive suite on the top floor are the chambers of the minister of pride. Each of them adds, deletes and modifies passages in the draft.


職場政治!はてさて!

Office politics! Whew!


心はやっと決断に達する。そして政府が発表した対策などと同じように、その決断は誰が決めたかはっきり分からないし、誰もその責任を取らないし、その決断じゃ誰も満足しきれない。

Finally the mind reaches a decision. And just like the published announcements of a bureaucracy, nobody is really sure whose idea it was, nobody is responsible for it, and nobody is entirely happy with the result.