what average opinion expects average opinion to be

Egon Schiele
Egon Schiele

古い料理の本の中でビアトリクス近藤は「完璧なオムレツの作り方」というレシピを見つけた。興味深く書き写して職場に持って行った。

In a dusty old cookbook, Beatrix Kondo found a recipe titled, 'The Perfect Omelet'. Intrigued, she copied it out and took it to work.


キッチンスタッフに言った。「これを作ってみよう。」

"Let's make this," she said to her kitchen staff.


レシピの冒頭に書いてあった。「このオムレツはおいしいだけではない。無限においしいのである。」

The opening paragraph of the recipe read, "This omelet will not just be good. It will be infinitely good."


それからまた書いてあった。「必要なのは一つだけだ。それは曲げない意志なのだ。」

And it went on to say, "All that is required is the will to make the omelet. To stop at nothing."


「信じる」とビアトリクスは思った。「信じたい。」

"I believe," thought Beatrix. "I need to believe."


なのでキッチンスタッフに命じた。「卵を割れ。」

So she gave the kitchen staff an order. "Start breaking eggs."


「いくつ割ればいいんですか」と彼女らは訊く。

"How many?" they asked her.


ビアトリクスはレシピを確認したが、いくつ割ればいいか書いてないみたいだ。「取り敢えず…割っていけ。オムレツが出来上がったらそれで、充分に割ったことが分かるはずだから。」

Beatrix checked the recipe. It didn't say how many eggs she'd need to break. "Just—keep breaking them. We'll know we've broken enough when the omelet is made."


キッチンスタッフが何万個の卵を割ったところで、オムレツが出来上がる気配はまだない。一人が隣の人につぶやいた。「なんかもったいないよね、こんなに卵を割るなんて。」

After the staff had broken tens of thousands of eggs, but the omelet had nevertheless not yet been made, one turned to the other and muttered, "Seems an awful waste of eggs."


ビアトリクスはふとその言葉を耳にした。癇癪を起こしてその人を首にした。首にして死刑にもした。その家族も死刑。その家を燃やして無くした。その姓も公文書から抹消した。

Beatrix overheard. Enraged, she had the woman fired. Fired and shot. And her family shot. And her house burnt and leveled. And her name stricken from all public records.


「信じざる者は必滅だ」と他のスタッフに忠告した。

"You either believe or you don't," she warned the others.