the human genre

あなたはセルフイメージ(自己像)を抱いている。とても楽観的な自己像で、自分がずいぶん粋な人物だと思っているかもしれない。あるいはとても悲観的な自己像で自分が極めて忌々しい虫けらのような者だと思っているかもしれない。あるいはまた、とても複雑な自己像かもしれない。

You've got a self-image. It might be very positive. You might envision yourself as a swell individual. Or it might be very negative. You might envision yourself as a hateful little stain. Or it might be complicated.


例えば圧倒的に悲観的な自己像だとしよう。あなたは自分の事を憎ましい獣のような者だと思っているから自分を酷く憎んでいるとしよう。そう思っていることは非常に不快なことだろう。が、不思議でならないことで、そのセルフイメージそのものをこよなく愛しているのだ。

Let's say it's overwhelmingly negative. Let's say you despise yourself, because your image of yourself is of a despicable creature. You might not like feeling this way. But the uncanny irony of it is, you nevertheless love your self-image.


もしあなたも僕らと同じであれば、そのセルフイメージを守るために、維持するために、限りなくどんなことでもしてあげるのだろう。その自己像が少しづつあなたを殺しつつあるとしても。

If you're like the rest of us, there's no limit to how far backward you'll bend over to protect and maintain your self-image. This is true even if that selfsame self-image is slowly killing you.