苦しみは周りの迷惑である

ビアトリクス近藤は寝ているとき、彼女の守り神がやってきて空中を舞いながら彼女の寝顔を眺めるのだ。

While Beatrix Kondo is asleep, her guardian angel comes and hovers over her.


「人が君の味方になってくれて、そして味方になってもらうことに値するという本当に珍しい場合には」と彼はつぶやく、「そんなときに切実に君を守ってあげたいと思うのに。」

"I wish I could protect you," he whispers, "on those rare occasions when people take your side—and you deserve them to."


「君の若々しい魅力が段々漏れて無くなっていくことを防止するか君の目を眩ましてあげたいのに」と彼は続いて言う。「十円玉で城を建てた君なんて。運命は君を癒してあげられるものかも知れないが、僕には無理だ、多分。」

"I wish I could halt the leaching away of your youthful charm," he says, "or make you blind to it. You built your castle of ten-yen coins. Fate can give you relief – but maybe I can’t."


「この眩しい灯りらに君を驚かせるのを辞めてもらいたいのにな」と彼は言う。「そして君に派手に壊れてしまうのも辞めてもらいたい。」

"I wish all these lights would stop flashing at you," he says. "I wish you could stop losing your shit."


守り神が掛け布団の上にそっと載っている彼女の細長くきれいな指を切なく眺める。「善い人は必ず君を嫌うのだ」と彼は悲しく思う。「守り神の中だけで君のことが大人気になっているのに。」

The guardian angel gazes wistfully on her pretty slender fingers, resting on the coverlet. "Good people will always hate you," he thinks sadly. "Only the guardian angel community even really sees you."


しかし夢の奥まったところに沈んでいるビアトリクスは思う:

「私は決して

解決すべき問題ではなく

幸福を求む悲壮でもない。」

But deep inside a dream, Beatrix thinks:

"I am not

A problem to be solved

I am not

Sadness seeking happiness."


「私は自然界の誤産だ」と彼女は夢の中で思う。

"I'm nature's mistake," she dreams.


もし守り神に面と向かって会うことができたら絶対に彼をお払い箱にするのだ。

If she could meet her guardian angel, she'd send him packing.


なぜなら彼女に彼を理解することができなくて、彼にも彼女を理解することが無理なのだから。

The reason for this is that she'll never understand him, and he'll never understand her.