chewing your cremains

これはビアトリクス近藤と阿片吸飲者の物語だ。

This is the story of Beatrix Kondo and the opium smokers.


無造作に美しい人らだ。背筋のピンと張った、詩のような首筋の持ち主ばかりだ。偉大な頽廃だ。彼らはビアトリクスを憎むのだ。彼らとまったく匹敵しない人間であるビアトリクスだからだ。

Languid, beautiful people with flawless posture. Poetic necklines. Admirable decadence. They hate Beatrix, for the very good reason that she isn't as good as them.


「我々に見られる美しさは、虚偽だ」と彼らは主張する。「浮世の衣は、果物のごとく腐るまで着るしかないのだ。」「浮世の衣」とは人間の身体を示すことにビアトリクスは気づく。

"This beauty you see in us," they complain, "is false. We wear this earthly garment only till it rots, like fruit out of season." Beatrix realizes that 'this earthly garment' signifies their bodies.


「ああ、君には一体何が分かるのだ」と彼らは彼女を蔑んで嘆く。「君には運命の負担を感じたことがあるのか。君の命が失われても失いにもならないのではないか。美人の悲痛が果たして分かるのか。」一人は彼女のことをハッスリッヒと呼ぶ。皆がうなずいて、また真剣に阿片を吸う。

"Oh, what can you know?" they complain dismissively. "What have you felt of the burdens of mortality? Thy life, lost, were not lost at all. Knowest thou the tenth part of the anguish of the lovely?" One calls her hasslich. The others nod and smoke again, earnestly.


「人体とは、水の箱に過ぎないのだ」と一人は宣ふ。皆がうなずいて、また吸う。

"The body," declaims one, "is a box of water." The others nod and smoke again.


「若々しさの浸出に叙情性があるのではないか」と一人は提言する。彼は異端者なので普段周りに無視されるものだが、今回の叙情性に関する発言は皆の琴線に触れたものみたいで、皆がうなずいて、また吸う。

"There is a lyricism," offers one, "in the leaching away of youthful charm." He is a maverick; the others regularly ignore him; but this time his invocation of lyricism has struck a chord. The others nod and smoke again.


ビアトリクスは敢えて言い出す。「もし私が宗教的な者だったらこのように祈る:主よ、私の愛するものを全て奪ってくれ。どの喜びも剥奪してくれ。計り得ない苦しみを与えてくれ。人間が耐えられないほどの苦しみを私に舐めさせてくれ。そうすると私は初めて、私が失ったものに遡及的に値するのかもしれない。」

Beatrix dares to interject: "Were I religious I would pray: 'God rob me of all I love; tear every joy from me; cast me into incalculable misery, so that my suffering doth wax beyond mortal endurance―for then shall I begin to deserve what I have lost.'"


彼女は何かの反応を待つ。何でもいいから、何かの反応。一人の阿片吸飲者は後方から彼女を蹴って倒してしまう。

Then she waits for a response. A reaction of any kind. One of the smokers kicks her from behind. She falls down.


地面に倒れたビアトリクスは、敵に囲まれていることさえ忘れてしまい、目の前の地面を眺めてうっとりとしてしまった。指先で土を掻き掘ってその下に発見した霜柱を眺める。霜柱だ。完璧な形になっているのに、もしビアトリクスが見つけなかったら結局誰にも見られなかったんだろう。

With her face on the ground, surrounded by enemies, Beatrix forgets it all. She gazes down into the dirt. She digs a bit of earth up with her fingers, and under it she sees frost needles. Frost needles. Perfectly formed, though if she hadn't looked at them, it's likely no one ever would have.