geistergarten

Karl Heinz Martin - From Morning to Midnight
Karl Heinz Martin - From Morning to Midnight

ビアトリクス近藤には取り敢えず、仮説があった。

Beatrix Kondo had a working theory.


が、より良い仮説に出会った。

But then she was exposed to a better theory.


そうするとおっとっとあらまあ、前の仮説を辞めて新しい仮説を受け入れた。

And whoops-a-daisies, she switched to the new theory.


みんな魂消たのだ。

Everybody was shocked.


「なんと非人間的なのだ!」

"How inhuman!"


それはともあれ。

But never mind that.


大きな悪霊のような鳥のようなものがビアトリクスの上を舞っている。誰にも見えないものだが、常に彼女の肩の上から睨んでいる。三日月刀のように長くて曲がったくちばしにでこぼこの足と洋梨の形の胴。鳥はそのくちばしを突き通してビアトリクスを殺したがっている。

A great malevolent thing like a bird hovers over Beatrix. No one can see it, but it's always just over her shoulder, glaring down. It has a long curved beak like a scimitar and a heavy pear-shaped body on knobby legs. It wants to drive its beak straight through her and kill her.


悪夢でも観ているように、彼女はその鳥に感づいているが、怖くて無視しようとする。しかし気が狂いそうなほど恐怖が募る。胴をくの字にして睨む鳥のくちばしから、唾液のようなものが垂れて彼女の頭や腕に当たるのだ。彼女はそれを感じて背筋が寒くなるが、それでも必死に鳥を無視しようとする。

As in a nightmare, Beatrix knows it's there but, in terror, tries to ignore it. Still, the terror grows and grows, till she's fevered with it. When the bird bends glowering over her, something like saliva drips from its beak onto her head and arms. She feels it drop onto her and shudders, but still desperately ignores it.


このように40年も経つ。

Forty years pass in this way.


その種の恐怖に慣れることはないが、結局疲れ果てることはある。ビアトリクスは疲れ果てた。ある夜、帰りの地下鉄に乗り座席に肩をすくめて座っているところ、唾液のようなものがまたポタポタと当たってきて鳥の熱い鼻息を耳に感じるそのときに、ビアトリクスは完全に疲れてしまった。

One never grows accustomed to such terror, but one does eventually tire. That is what Beatrix did: she tired. It was on the subway home at night, hunched on the seat, when the stuff like saliva began to drip onto her and she felt the bird's hot breath on her ears, that she tired all the way out.


「奴に殺されてもしょうがない」とやっと思うのだった。

She finally thought, "I just don't care if it kills me."


「とにかくそうなるだろう。止められない。なんで私を殺したいか知らないけど、知るべくもない。心の用意するしかない。本当はそういった用意は無理だけど、とにかく…止められないんだ」

"It's coming anyway. I can't stop it. I don't know why it wants to kill me, but I'll never know anyway. I just have to be ready. You're never ready ready, but I just—can't stop it."


その瞬間に三日月刀のようなくちばしが彼女を突き通す。もちろん他の乗客にはこれが見えないが、中年の女性の悲鳴は聞こえ、彼女の身体からほとばしる鮮血も充分に見えるのだ。人は思わず急いで離れてしまう。「撃たれたんだ!」と誰かが叫ぶ。誰かが狼狽する。誰かが窓の外をじろじろ見る。誰かが神に祈る。「もう来たのか」と誰かが怖々と思う。

The long swordlike beak flashes down and gores her. The other people on the subway can't see this, of course; but they do hear the middle-aged woman cry out and the fount of blood pour from her. People scramble away unthinkingly. Somebody says, "She got shot!" Somebody panics. Somebody scans outside the windows. Somebody prays to God. Somebody thinks in dreadful anticipation, "Is this it?"


だが鳥は一体どこへ行ってしまったのだろう。もういない。

But where is the bird? It's gone.