自由に感じろ

小規模の魅入り。柵のこちら側にはいくつかの不定者が漂い、柵の向こう側には無限の自由に楽しめる褐色の肉体のパラダイスだ。その誘惑によりみんな気が狂ってしまう。マカクのように吠えている。和らがざる性欲に呑まれてのたうち回る。

Droves of X are milling about on this side of the fence. On the other side of the fence are wide open fields of dusky flesh. The temptation drives everyone mad. Howling like macaques. Tumbling over one another in unquenchable lust.


支離滅裂だ。ビアトリクスは見兼ねるもの。

It's pandaemonium. Beatrix can't watch.


一滴の、感情の表現が彼女の頬を伝う。

An expression of sadness traverses her cheek.


彼女は過呼吸してしまう。

She hyperventilates.


狂乱状態で自分の洋服を引っ掻く。

She claws at her clothing.


北方の荒涼たるツンドラで辛抱して、世にも人生の何か凄いものや、偉大で壮絶で豪快な何かのものを、我慢よく待っている懺悔者のような、そのはずのビアトリクスも、結局ただの褐色の肉体を欲する不定者だけなのだ。

Though she'd been sure that she was like a penitent on the northern wastes, waiting perseveringly for something grand and sweeping in life, in the event she finds that even she is just another X lusting for dusky flesh.


その罪悪感といったらない。

Oh, the guilt.