捨て物同士

昔知り合った作家が言った。「ただ今僕は作家ではない。作家という者は、実際に作品を書いている最中のときだけしか作家ではないから。」

A writer I once met told me, "I'm not a writer right now. You're only a writer when you're actually writing."


なぜこれを思い出したかというと、僕は今自分がまだ音楽家かどうか迷っているところだからだ。

I'm reminded of this because I'm wondering now whether I'm still a musician.


ソロ弾き語りを完全に辞めているし、作詞も作曲ももうしないし、自分のライブももう催さないようになっている。

I've stopped doing the solo singer-songwriter thing. I don't write songs anymore, and I don't do my own shows.


僕のバンドはみんな終わってしまった。(厳密に言えば梯子ノ上デはまだ正式には存続しているが、諸事情により実際には動いていない。)「僕のバンド」というのは、自分が作詞作曲・ボーカル・全体的な方針を決めることなどを担当するというバンドのことだね。

All my bands have perished. (Well, hashigo no ue de is still officially alive, but for various reasons nothing's happening.) By 'my bands' I mean bands for which I'm responsible for the songs, lyrics, vocals and overall direction.


とはいえ、まだ音楽的なことをやりつづけている。The Dorian Seaでベースを担当しており、ブルーアワーのアルバムの手伝いをしている。

But then again, I still do musical stuff. I'm playing bass in The Dorian Sea, and I'm helping Bluehour finish his album.


だがこのブログ記事を打っているただ今は、それらのこともしていないのだ。なので今は完全に音楽家ではないだろう。

But as I type this blog post, I'm not doing either of those things, either. So right now perhaps I'm not a musician at all.


作家は実際に作品を書いている最中のときにしか作家じゃなければ、作家に出会うのも大変難しいことだろう。文章を打っているところを無理に部屋に突入するしかないだろう。

If you're only a writer when you're actually writing, then writers will be hard to meet. You'd have to barge in on one mid-sentence.