少女十字軍

ビアトリクス近藤は朝の通勤電車の網棚の上に分厚い紙の束を見つけた。演劇などの台本に見えるものだった。その中身を覗いてみた。

On the luggage rack of her morning commuter train, Beatrix Kondo noticed what looked like a bound sheaf of pages. It was a script, like for a play. She looked inside it.


表題紙に「ビアトリクス近藤が電車に乗る:一幕もの」と書いてあった。

The title page read: "Beatrix Kondo Takes The Train: A Play In One Act".


「マヂで」とビアトリクスは思った。

"Holy shit," thought Beatrix.


第一頁を開いて読み始めた。ト書きによるとビアトリクス近藤という人物が駅の改札口のところに来る。前に歩いている男の人がスイカのカードを落としてしまって並んでいる人々を待たせてしまう。「というか、これ、今日実際にあったよね」とビアトリクスは思い出してたまげた。

She opened to the first page and began to read. The stage directions show a character called Beatrix Kondo coming to the ticket wicket. The man in front of her drops his pass and makes the whole line wait. "That really happened today," Beatrix thought, stunned.


脚本で駅員のアナウンスが出る。遅延の報告。これも今日実際にあったかもしれないが、日常茶飯事のことなのでビアトリクスははっきり言えなかった。

The announcer comes on, announces a delay. This probably also really happened, though it happens practically every day—she couldn't say for sure.


サラリーマンが登場するビアトリクスのお尻を触る。これも残念ながら今朝実際にあったことだ。

A businessman character pinches the Beatrix character's bum. Sad to say, this also really happened that morning.


電車に乗ったビアトリクスの登場人物はその網棚の上に分厚い紙の束を見つける。演劇などの台本に見えるものだ。登場するビアトリクスはその中身を覗いてみる。

On the train, the Beatrix character notices a bound sheaf of pages on the luggage rack. It's a script, like for a play. The Beatrix character looks inside it.


「なるほどね」と(台本を読んでいる方の)ビアトリクスは思った。台本にまだ何百の頁が残っていたが、最後まで飛ばそうかとビアトリクスが思った。

"Oh," thought Beatrix—the one reading the script. "I get it." There were several hundred more pages in the script, but she was tempted to just flip to the end.