一口大の砕屑岩

ビアトリクス近藤はスーパーのレジの列に並ぶときは、いくつかのレジの中で一番速く進みそうな列を探す。今日は二つのレジしか動いていないから、少し客と店員の様子を視てから取り敢えず右側の方にする。

At the supermarket, Beatrix Kondo always looks for the cash register that seems likely to have the fastest-moving line. Today there are only two. After evaluating the customers and register attendants, she tentatively chooses the one on the right.


「世はすべて霞?」と彼女は考える。「あるいは霞であるのは私だけ?」

"Is the world mist?" she wonders. "Or am I the mist?"


「自分が静まったときにしか自分が好きじゃないのであれば、なぜ静まれないのかな。」

"If I'm only proud of myself when I'm quiet, why can I never stay quiet?"


「新しいことをいつもの動機でやっているだけ?」

"Am I doing the same old thing for a brand new reason?"


「人が犯した罪によって私も罪を犯す権利をもらえる?」

"Does someone else's shame give me the right to shamefulness?"


「彼を憎むべき?愛だけを愛してしまっている?これは自己破綻だけなの?私は火に惹かれる蛾だけなの?」

"Should I hate him? Am I just in love with being in love? Self-destruction? A moth to the flame?"


「私、微温の風の一吹きだけ?」

"Am I just a pocket of lukewarm air?"


二つの列の進行を見てみるとやはり、向こうの方が速く進んでいることがよく分かる。相も変わらず。

A look at the other line shows that it's moving forward faster than the one she's in. Which is no surprise at all.


「人は魂を触れ合う?」

"Do people touch souls?"


「私には触れ合ったことがない。」

"I never have."