privatsphaere

ビアトリクス近藤はまた逆夢を見る。今度はとてもかわいい逆夢だ。

Beatrix Kondo has another fevered dream. A really cute one this time.


彼女はハリネズミだ。常にぷんぷん怒っているハリネズミだ。毛色は、まあピンク色でいいから、ピンク色にしよう。

She's a little hedgehog, always in a tiff. What color is she? Well, why not pink. Pink is cute.


「ぎゅってしてぇ。ねぇねぇぎゅってしてぇ。」と彼女は歩き回って片っ端からアピールする。しかし誰もぎゅってしてくれない。

"Could you give me a hug? Please? Pretty please? A hug?" she walks around asking. But nobody wants to hug her.


みんなに拒まれてまた怒って針毛が更に硬く立ってしまう。

And when everybody rejects her she goes off into an even stormier tiff and her spines stand up even taller and pricklier.


「なんで誰もあたしをぎゅってしてくれないの?なんでなんで?どうしてどうして?」

"How come nobody wants to give me a hug? How come? How come?"


だが逆夢の最後まで誰一人も構ってくれないものだ。

But right to the end of the dream she's all alone.


逆夢の最後の最後に、目が覚める寸前に、誰かがやっと諭してくれる。「こら、ハリネズミ同士だってぎゅってしないよ。」

It's not till the very, very end of the dream, right before she awakes, that somebody tells her, "Look, not even hedgehogs give hugs to other hedgehogs."