知覚の末

昼時の頃にビアトリクス近藤は、家から持ってきたサラダのレタスが自分の手元で変色して歪んで焦げてしまっているところをみて、突如自分が放射線をもってしまったことに気がつく。

It's around lunchtime, when the lettuce leaves in the salad she's brought from home begin to curl and brown beneath her fingers, that Beatrix Kondo first notices that she has become radioactive.


休憩室の隣のテーブルに座っている男性の社員が不思議な目でジロジロとビアトリクスを睨み出し、それから突然額に手を当てる。彼は変異して三個目の眼が出来てしまったのだ。

The coworker at the next table in the break room begins to cast odd glances at her, then suddenly clutches at his forehead—he has mutated, formed a third eye.


帰りの電車でまた変異をさせてしまう。

On the subway home she triggers more mutations.


通路の向かい側でうつらうつらしているサラリーマンみたいな男の人の、鼻を掻く手には指が六本ある。

A dozing businessman on the seat across from her scratches his nose with a six-fingered hand.


近くに立っている若年の母方は奇声を上げる。そのベビーカーの中から鱗に覆われた触手がくねって出てきている。

A young mother nearby gasps—from within her baby buggy, a scaly tentacle snakes out.


それから周りの人々が次々とぽっくり逝いてしまう。

After that, people around her begin dropping dead.


しばらくしたらビアトリクスは科学防護服を着た男達に捕まってどこかの施設に運ばれる。そこで何人もの医学研究者が、分厚い硝子の窓を越してロボットアームを使ってビアトリクスを精査する。

After some time, Beatrix is captured by radiation-suited men and taken to a facility. Doctors behind thick glass use robot arms to test and probe her.


放射能が彼女の身についているものから放射していると思って精査を始める。オーバーコートから出ているのか?ロボットアームで彼女のオーバーコートをむしり取って検査する。

They assume the source of the radiation is something on her, perhaps something she's wearing. Is it coming from something in her overcoat? They strip it off her and test it.


が、オーバーコートからは出ていない。

No, it's not the overcoat.


洋服からも出ていない。靴からも、鞄からも。下着からも出ていない。

It's not coming from her clothing either. Not her shoes or handbag. Not her undergarments.


彼女の肌に何か放射能を帯びた埃でもついているかも検査してみるが、それも違うらしい。

They test to see whether she's got some sort of radioactive dust on her skin, but it's not that either.


彼女の体内から放射能が出ているのだ。周りの皆を殺してしまっている。害が及ばない者は本人だけだ。

It's coming from within. Killing everyone around her. Leaving unharmed only Beatrix herself.


その時にいっそ更に激しい放射能の波動が彼女の中から放たれて、分厚い硝子の向こうの医学研究者が全員焼かれてカラカラの灰になって崩れてしまう。警鐘とサイレンが施設中けたたましく鳴るのに、ビアトリクス本人以外にそれが聞こえる者はいないのだ。

At that moment an even fiercer wave of radiation flashes out of her, and the doctors behind the glass are burnt to desiccated curling ash and crumble away. Alarm bells ring and sirens wail throughout the facility, but apart from Beatrix there is no one there to hear them.