強肉弱食

録った音を真剣に聴き返すブルーアワー。
録った音を真剣に聴き返すブルーアワー。

少しづつすこーしづつ捗っていく、ブルーアワーのアルバムの録音。

We're getting closer and closer and closer to finishing the new Bluehour album.


出来上がったら絶対に聴いてもらいたい。あなたにも。

Once it's done I want you to listen to it. At least a few times.


自分の音楽、自分がメインである音楽をあまり自薦できる質ではないが、ブルーアワーの音楽なら迷いなく他薦できるよ。聴こうよ。最低2、3回。

With my own music, or music to which I'm central, it's impossible for me to recommend it (and mean it). But Bluehour I can wholeheartedly recommend.


いいものが、いつまでも変わる事なく存続していると安易に思うな。まだあるうちに満喫しろよ。

Never assume that something good today will still be here tomorrow. Drink your fill of it now, right now, while it's still here.


音楽というのは消えていく芸術なのだ。音は発されていると同時にまた消えてしまう。録音によってその消えていくものがとどめられるという思考はただの錯覚だよ。

Music is the vanishing art form. Sound vanishes again in the instant that it's created. Don't let yourself be fooled into believing that recording arrests this process.


何のことにでも終わりがくる。演奏されなくなる曲はなかったものになるし、買えなくなった音源もそのようなものなのだ。

Everything ends. A song no longer played is like a thing that never existed. And a recording that you can't get any longer is the same sort of phantasm.


もし、いつしか消え去る人生の切れ端を、大事につかんで取っておくことに何かの価値があると考えているのなら、ローカルの音楽家のCDをも買っておこうよ。特に来たるブルーアワーの新譜を。

If the fleeting scraps of life that blow past you seem worth saving while you can, buy a local musician's CD. Especially the upcoming Bluehour.