意外を恋した

ダブリンでのエピソード。

An episode in Dublin.


僕は道端のベンチに腰をかけて、通り過ぎる車を眺めながら大麦のジュースを喫しているところに、アイルランド人の男の人が声をかけてくる。

I'm sitting outside on a bench, watching traffic go by and imbibing the juice of the barley, when an Irishman approaches me.


「ネアイル メ ファエル ロック ネ マール?」と彼は訊く。とにかく最初にそう聞こえてしまう。僕は一回目にアイリッシュ英語を聞き取るのが到底無理だということが今回の旅で判明した。(それに、男の人もおそらく上述の大麦のジュースの影響で、伝達能力が鈍っているのかも知れない。)

"Néair me fáil og loch ne mar?" he asks me. Or at least that's what it sounds like. I've found that I'm completely useless when it comes to hearing Irish English on the first try. (Added to this, the man's communicative capacities seem blunted by—dare I speculate?—the aforementioned juice of the barley.)


「はい?」

"Pardon?"


彼は繰り返して訊く。「火を貸してくれませんか?」

"You wouldn't happen to have a light, would you?" he repeats.


二回目は聞き取れるのだ。「申し訳ないですが僕は煙草を吸いません。」

This time I understand him. "Sorry, I don't smoke."


彼は取り敢えずの礼を言って去る。そうすると隣のベンチに座っている年配のアイルランド人の紳士らしい男の人が僕に向かって声をかける。「さっきの方、いったい何と言っておられましたか?わしにはまったく解らなかったものです。」

He thanks me anyway and goes his way. After he's left, an elderly Irish gentleman sitting on a bench nearby turns to me and asks, "Now what was that man saying? I couldn't understand a word of it."


「アイルランド人のためにアイリッシュ英語を訳しているんだ!」と僕は不思議に思う。

And I think to myself, "Whoa, I'm translating Irish for the Irish."