遅死に者

ダブリンの横断歩道の信号の音に関するブログ記事です。

This is a blog post about the sound of crosswalk signals in Dublin.


横断歩道の信号は、ボタンを押していないと青になってくれない。

Crosswalk signals in Dublin won't turn green for you unless you've pressed the button.


歩行者らはできるだけ信号を無視している。信号の作動と交通の事実にけっこうな差があるから、これも理に適った行動だ。

People ignore them whenever possible. This makes sense, given the large gap between the signals' functioning and traffic reality.


横断歩道のところにある信号ボタンのボックスは、待っている間に心を和ませるようにピッピッピッと鳴ってくれる。そして信号が青になった瞬間、レーザーのような効果音をズバッと発信してからマシンガンの速さでパパパパパと鳴り出す。地元のレイヴミュージックの音楽家はきっとこの音をサンプリングしまくっているだろう。

The crosswalk signal button box chirps soothingly for you while you're waiting. Then, when the light turns green, it lets out a laser blast noise and then some rapid-fire blipping. I'm sure local rave musicians and found-sound artists have sampled this noise to death.