いっそ更に不健全

あなたは足の指を使って砂に円を描いた。おおよそ直径1メートルでほぼ丸。その外側はあなたが足の指で書いたルーン文字が囲っている。

You used your toe to draw a circle in the sand. It was about one meter across, more or less uniformly round, and all around the edges were runes you'd drawn, also with your toe.


そして私を呼び出した。煙の渦と眩しい閃光の中から私は現れた。

And then you summoned me. I appeared in a flash of light and whirl of smoke.


私は不死者の血欲に駆られ、あなたへとつっかかった。しかしそのルーン文字が帯びる呪文により円に閉じ込められたままだ。円から脱せない。

The bloodlust of the undead upon me, I lunged for you. But your runes and incantations hemmed me in. I couldn't escape the circle.


憤って泡を吐き出して、解放しろと怒鳴り、けちょんけちょんにしてやるぞと脅した。だが仕方がない。円に閉じ込められている。

I raged, spit foam, demanded you release me, promised to rend you limb from limb. It was all no use; the circle contained me.


轟くような声で私をなぜ呼び出したか教えろと怒鳴りつけた。罵詈雑言を浴びせてやった。

In thunderous tones I demanded to know why you'd summoned me. I swore eternal hatred.


だが実は、何をしても円から抜け出せないという事実は、私を非常に安心させてくれるのだ。

But I could not escape the circle, and this fact—to be honest, it gave me great relief.


あなたの円は私をずっと監禁してくれ、永遠に解放しないでくれるのだ。心が和らぐのだった。

Your circle held me still. I knew you'd never let me go. I felt safe.