主君の愚行

消しゴムを呑み込んでしまった。大きくて白くて柔らかいやつ。やっぱり消しゴムの味がした。

I swallowed an eraser. A big white gummy one. It tasted just like an eraser.


そしてやつが腹の中に入ったらさっさと僕を中から消し始めやがった。脾臓も膵臓も腎臓も消してしまった。消しくずがいっぱいだった。

And while it was in my stomach, that sucker got to erasing. It erased me from the inside out. Spleen, pancreas and kidneys for starters.


げっぷしたら消しくずが出てきてしまった。

When I burped, I burped up eraser shavings.


このままだと心臓も肺も胃も腸も消されそうなのだ。大変だよ、大変。どうにかしなくてはならないのだ。

If I don't do something, it's liable to erase my heart and lungs and stomach and intestines pretty soon.


消されたところの穴を埋めるために何かはめ込まなくてはならない。だから君を借りた。君を自分の中に入れて穴を埋めたのだ。

I had to fill that hole up in a hurry. I was desperate. So I grabbed you and stuffed you in there, inside me. I used you to fill up my gap.


君が消しゴムに消されてしまうまでは大丈夫なはず。その後はどうするかまだ分からない。

I'm sure I'll be fine till it erases you too. After that, I don't know what I'll do.