頭ゴンぴよぴよ

先日僕はスモークコンサートに行ってきた。最高だったよ。

The other day I went to a smoke concert. It was fantastic.


バンドはステージに上がってそれぞれの立ち位置に移動した。左側にはパイピストが立っている。一曲目はカントリーだから彼はコーンパイプで吸っている。

The band came out on stage and took up their stances. At stage left was the pipist. They started with a country number, so he was smoking a corn-cob.


右側には二人のシガリスト(葉巻奏者)がいる。後ろの方にリズムシガリストが立っていて、前の方にリードシガリストが情熱的に吸いまくっている。

The two cigarists were at stage right. The rhythm cigarist stood near the back, while the lead cigarist was right out front, smoking passionately.


リズム隊がステージ後方にいる。ヒョウタンパイピストとフーカー奏者がいて、そしてマルチ・スモーカーは曲によってカルメットとシブシとフィルター無しの紙巻き(バラードのみ)を使い分ける。

The rhythm section was at rear center stage. There was a calabash pipist, a hookah player, and a multi-smoker who alternated between a calumet, a sebsi and, for ballads, unfiltered cigarettes.


もちろんコンサートのスターは真ん前に立っている吸い奏楽者。彼女はてっぺんからつま先まで黒い皮の洋服を着、片足をモニタースピーカーにおき、メンソールを吸ってはタバコの輪を吐きつづける。

Of course, the star of the show was the frontwoman, who stood in front with her foot up on a stage monitor speaker, head to toe in black leather, smoking menthols and blowing smoke rings.


メンバー全員が必死にタバコを吸いまくっていた。会場は森閑としていた。

The whole band smoked and smoked like gangbusters. Not a sound was to be heard.


しばらくするとステージがまったく見えないほど煙が濃く漂ってきた。

It wasn't long before the air was so thick that nobody could even see the stage.


観客が熱狂した。

The crowd went wild.