lebt wohl

ユダヤ教とキリスト教の伝統では基礎的な教訓の一つは「あなたは隣人を自分自身のように愛さねばならない」ということだよね。

One well-known core Judeo-Christian principle is, "Thou shalt love thy neighbour as thyself."


しかし、某哲学者の言葉を借りて言うけれど、自分自身のことは果たしていくら愛しているのか。

But, to quote the philosopher, "How much do you really love yourself?"


自分自身のことを愛せない自殺念慮にふけっている人は、隣人まで殺したいという気持ちがなければ、それは自分自身よりも隣人の方を愛しているとなるのかな。多分違うと思う、なんとなく。

Can a person who has lost the ability to love themselves and is contemplating suicide, but isn't also contemplating murdering the neighbors, be said to love their neighbors more than themselves? Somehow I doubt it.


あるいは自分のことが嫌いなわけでなくても自分に厳しい人は、隣人にも同等に厳しくしていないと、逆に「自分自信のように愛する」ことに成功していないとなるかな。

Or can a person who does indeed love themselves to an extent, but is also quite hard on themselves, be said to be failing to love their neighbors as themselves if they are not equally hard on the neighbors?


隣人(他人・余所の者)を愛しようとどんなに頑張っていてもどうも自分自身のように愛することができない人は、自分自身と隣人を愛する程度を均等にするために、自分のことを愛する程度を下げたらいいのかな。

If a person tries their damnedest to love their neighbors (i.e. strangers and foreigners) as themselves but just can't do it, should they then feel obligated to love themselves less? So as to even things out?


とにかく自分自身を本当に愛する人もいれば、自分自身を大事にする義務を果たそうとしているだけという人もいると思う。本能的な、自分を大事にする衝動がどの人間にもあるだろうが、それは愛と同じものじゃないかも知れないね。

Anyway, while some people may genuinely love themselves, I think there are others who are only attempting to fulfill the responsibility of self-interest. It seems we are all born with an instinctive urge toward self-interest, but is this really the same thing as love? Maybe not...


ゆえに、そんな人に「あなたは隣人を自分自身のように愛さねばならない」とか言ってもあまり意味がないんじゃない。

To say to such people, "Thou shalt love thy neighbour as thyself," might really just therefore be meaningless.