街灯夫の長い棒

あなたは迷宮の出口を探している。角を右に曲がって、左に曲がる。それから左。また左。右。左。右。また右。

You're in the labyrinth, looking for the exit. You turn right at one corner, then left at the next. Turn left. Left again. Right. Left. Right. Right again.


どの壁もどの角もまったく同じく見えるが、なんとなく出口に近づいていることが分かる。右。左。また左。

Each wall and each corner look identical, but you sense vaguely that you're nearing the exit. Right. Left. Left again.


だが次の角を曲がったらミノタウロスに出会ってしまう。

But when you turn the next corner, you find yourself face to face with the minotaur.


逃げようとしても仕方がない。怯えて震える。「殺さないでください。私を食わないでください。」

There's no escape. You tremble from fear. "Please don't kill me. Please don't eat me."


「食うわけないよ。ちょっとなんか…」

"Of course I'm not going to eat you. I just..."


「どうした?」

"What is it?"


「話したいだけ。いい?」ミノタウロスが地面に座って頬杖をつく。幅の1メートルもある角がうつむく。

"Can we talk? Got a minute?" The minotaur sits down on the ground. His horns span more than a meter. They sag downward.


それからしばらく二人とも沈黙に浸る。

For a while neither of you speaks.


「なんかさ」とミノタウロスがやっと切り出す。「僕に怒ってるの?」

Finally the minotaur starts. "Are you mad at me?"


「いや、別に。なんで?」

"No, of course not. Why?"


「みんなに嫌われてる、僕。」

"Everybody hates me."


「そんな。」

"No, no, no."


大きな牛の首を振る。「ごめんね。近頃ふさぎの虫に取り憑かれてるの。」

He shakes his taurine head. "Sorry. I've just been down in the dumps these days."


「見ればそりゃ分かるよ。」

"So I gathered."


ミノタウロスは溜め息をつく。「いつまでも王様は僕を迷宮から出してくれないよ。僕、醜怪なの。モンスターみたい。迷宮から出してもらえても僕はどうしょうもない。仕事にも向いてないし、彼女ができるわけはない。人を食う以外のスキルがない。なんかさ、将来がない感じなの。自分を変えられない。変われない。暗い穴の中にいるような星も月もない深夜の闇のようなうつみたいな感じなの。」

The minotaur sighs. "They're never going to let me out of here. I'm a monster. A total monster. Even if I got out, what could I do? I can't exactly get a job, right? Let alone a girlfriend. Apart from eating people, I don't have any marketable skills. I feel like I don't have a future. I can't change. It's like being in pitch black darkness, like wandering in the darkness on a night with no moon or stars. I'm so depressed."


あなたは何を言えばいいかさっぱりわからないのだ。

You have absolutely no idea how to respond.


「そして腹が減る。ひどく腹が減る。」

"And I'm always hungry. Always hungry."


あなたは身の毛がよだつ。汗をかく。「そりゃ大変だろう。」生理攻撃・逃避反応に襲われる。じっと座ったまま目だけが死に物狂いで逃げ道を探す。

Your hair stands on end. You break out in a sweat. "That sounds awful." Your fight-or-flight reflex kicks in. You sit stock still but your eyes scan frantically for an exit.


「なんでここに来たか、分かってるよ」とミノタウロスが怪しげに言う。

"I know why you came here," says the minotaur in eerie measured syllables.


「別に用はないからさ。そろそろ帰ろうかな。」

"No reason, really. In fact I've got to get moving now."


「だめ。」

"No."


「ははは。」全身がじとじとする。

"Ha, ha, ha." Your entire body goes clammy.


「しばらくいろって言ってんじゃない。なんでいつも僕の言うこと聞かないの。本当にもう、腹が立つ。」

"I told you to stay put. Didn't I say that? You never listen to me. It pisses me off. You hear me?"


「さあ。」

"Umm."


「いつもこうなっちゃうの。いつも僕の方が感情が強いの。あなたのことを深く愛してるのに。本当に愛してるの。ここにいてくれないよね?」

"It always ends up like this. It's always my emotions that are stronger. I love you. So so deeply. Won't you stay here with me?"


「いるよ。」

"I'm here for you."


「でも結局僕を置き去りにするでしょう?」

"But you'll leave me someday?"


「そんなわけないよ。一緒にいるの、ずっと。私と一緒にいたいと思ってくれてるならずっといるよ。」必死に逃げ道を探しているが、ないのだ。

"No, never. I'm here for you, baby. Forever. As long as you want me, I'll be with you." You scan desperately for an exit, but there's no escape.


「なんでここに来たか、分かってるよ」とミノタウロスが繰り返して言う。

"I know why you came here," repeats the minotaur.


あなたは固唾を呑む。

Your blood runs cold.


「肌がきれいだね。柔らかそう。おいしそう。」

"Your skin looks so soft. So succulent. Full of juice."


「私を食わないって約束したでしょう?」

"You promised. You said you weren't going to eat me."


「うるさい。」

"Shut the fuck up."


「約束でしょう?」あなたはパニック状態になりそうで、泣きそうになっている。

"But you promised." You're on the verge of panic, on the verge of tears.


「僕はずっとここにいるって知ってたでしょう?僕はこんなんだって知ってたでしょう?探せばいる。いつもここにいる。いつも醜怪なの。いつもひもじい。いつも落ち込んでいる。いつも暗い穴の中にいる。いつまでも待ってる。」

"You knew I was here. You knew I'm always here. And you came, didn't you? You knew what I am. You look for me and I'm here, right? Always a monster. Always hungry. Always depressed. Always in the darkness. Always waiting."


「今回はいい。私、帰るの。」

"This time I just want to go home. Please."


「けっきょく。」

"You little bitch."


「ま、またくるの。またくるからいいの。今回はいいの。」

"I'll c-come back. I promise. I just want to go. P-please."


「ただの火遊びかよ。」

"You're just trying to fuck with me."


「帰してください。」恐怖の涙が流れている。

"Please let me go home." Tears of terror flow down your cheeks.


ミノタウロスがじっと睨む。今にも爆発しようにじっと睨む。やっと言う。「まあ、いいや。さっさと去れ。」

The minotaur glares at you, his eyes full of rage and hate. Finally he speaks. "Fine. Whatever. Get out."


「また来ます。」

"I'll come back."


「なんでもいいから。」

"See if I care."


「約束です。」

"I promise."


あなたは後退して角を曲がる。また曲がる。ミノタウロスの荒い鼻息が耳元に聞こえるのはきっと気のせい。右。右。左。また左。走り出す。また左。右。

You back away and turn a corner. You turn another. The minotaur's breath is on your neck—no, that's just an illusion. Turn right. Right. Left. Left again. You start to run. Another left. Right.


走って、走って、出口を探す。そして絶対に自分の頭に手を触れるまい。絶対に。額から角が生えていないから。顔は牛の顔になっていないから、絶対。あなたは人間だから。奴と違う。

You run and run, searching for the exit. And you refuse to touch your head. Those are not horns sprouting from your forehead. Your face is not the face of a bull. You're not like him. You're human. You refuse to believe otherwise.


「泣くまい。私は泣くまい。でも出口って一体どこだ?」

"I'm not going to cry. I swear it, I swear it. But where the hell is the exit?"