張る散る刈る摂る振る

億万長者になる方法を思いついた。

 

絶対に成功するに違いない。

 

「the」という方法だ。

I've thought of a way to become a billionaire.

 

It's guaranteed to succeed.

 

It's called 'the'.


次のようにやる。

Here's what I'll do.


「the」という本を著作して、出版するのだ。

I'm going to write and publish a book called 'the'.


1ページ目に一つだけの単語が書いてある。それは「the」だ。2ページ目に何が書いてあるかと思う?それは、何も書いてない。2ページ目がないからだ。

On there first page there'll be printed only one word. That word is 'the'. What do you think will be on the second page? Nothing. Ah, you see, there is no second page.


1ページだけの、1単語だけの芸術作品なんだ。出版して著作権を確保する。

It's a one-page, one-word work of literature. I'll publish it and secure copyright.


その後、誰かが「the」という単語を刊行物で使ってしまうと、僕の本の全文を引用していることになる。

Thereafter, whenever anyone uses the word 'the' in a publication, they'll be quoting my book in its entirety.


それはフェアユース(公正使用)の条件に該当しないため、僕に印税を払わなくてはならなくなるのだ。「the」という言葉の使用を辞めるわけにはいかないから、金がうなるほど入ってくるはずだ。

To do so will exceed the rules of fair use, meaning that they will be obliged to pay me a royalty for effectively reprinting my entire work. Nobody can give up using the word 'the', so the money will roll in.


人間のDNA塩基配列の特許権をとりやがる奴らも罰を逃れてやってのけるなら僕もやってやるぜ、と思って。

I figure, if those suckers who keep patenting human DNA sequences can get away with it, why not me?