trichotillomania

昔は僕が言う駄洒落が、面白くなさ過ぎて逆に面白かったもの。

 

そうなくなってきた。

 

戯言を言おうとする努力がおもはゆくなってきた。

My bad jokes used to be bad on purpose. This made them funny.

Things have changed for me now.

 

Every joke is an embarrassing effort.


最近押し入れから布団を取り出すのもめんどくさくて、床の上のまま寝ることが多い。

These days I often can't be bothered to get the futon out of the closet, so I just sleep on the floor.


そしてその場に存在するだけでウソをついてしまっていることになる、ということがすごく気になる。存在は虚偽。

And I feel sadder and sadder these days about the fact that, simply by existing, I'm lying.