外科医の忠告

欲望その一:謝罪欲

 

謝りたくてたまらないときもある。多くの人に謝りたいように圧倒的に感じることもある。全部無駄だけどね。

Want #1: To Apologize

 

There are times my desire to apologize is overwhelming. I want to say sorry to great numbers of people from my past. Not that it would change anything.


例えば小学生の頃にいじめた同級生ら。子ども社会の上下関係を固めようとしていたんだろう。その子たちはもうそういうことを忘れているのかな。忘れてくれているといいのに。

For example, the kids I was cruel to in elementary school, as I was trying to secure as high a spot as possible on the childhood social hierarchy. I wonder if those kids have forgotten what I did to them. I hope so.


思わず失礼な言葉を口にすることは今まで何度でもあったんだ。下手にジョークを狙って黒人のクラスメイトに対して差別用語を言ったり、友達を笑わせるためにゲイのクラスメイトをネタにしたり。

And all the insulting things I've said without thinking. The black guy who I called a racial epithet, thinking it would be funny. The gay kid who I made the butt of jokes, trying to get a laugh from everybody.


そして大人になってくると人に与える害の程度が甚だしくなってくる。職場の後輩と喧嘩するとその人が仕事を嫌いになって辞めたりクビになったりする。浮気をすると配偶者が傷ついたり泣いたりする。離婚すると子どもが淋しくなり大いに苦しむ。

Then you get older and become capable of doing ever greater damage. Co-workers who quit or got fired because I couldn't get along with them. The women I've hurt by cheating on them. The child whose life I damaged ruinously by getting divorced from her mom.


数々の失敗でがっかりさせてしまった親や先生や上司。数々の不快をさせてしまった恋人。

Parents, teachers and bosses I've let down. Friends I've made unhappy.


今まで実際に僕が傷つけた人々の中の10分の1しか覚えていないだろうが、それでもよく思い出しはじめるとこの人でもかこの人でもかのように次々と続出する。

I'm sure I barely remember a tenth of the people I've done wrong to, but even so, at every turn I recollect someone I've hurt.


もう会えなくなった人も多い。謝ろうとしても謝れない人。

Some of them I'll never meet again. I couldn't apologize even if I tried.


連絡をとる手段がもうない人。そして僕が連絡する勇気に欠けている人。

Some I have no way of contacting. Others I just don't have the courage to contact.


ある洋服を着ると思い浮かぶ人や、ある酒類を飲むと必ず思い出す人もいる。どの人にでも平謝りしたいことが山ほどある。

There are people who I'm reminded of when I wear a certain article of clothing, or drink a certain type of alcohol. I owe them all amends.


でも謝れたとしても、謝っても仕方がない。謝ったところで過去は一切変わらないし自分が仕出かした悪は悪のままなんだ。

But even if I could, what would change? Even a hundredfold apology won't erase past harms. The bad I've done is done.


しかもすでに謝っている場合も少なからずある。何度謝ってもまた謝りたくなる人。

And to many of them I've apologized already. There are people you can never apologize to enough.


10年、20年、30年前のことについて僕が突然謝り出しても、その人がそのことをもう忘れていたのなら、ただ面食らうだけだろう。

Even if I were to just pop into someone's life one day and ask forgiveness for something that happened ten, twenty, thirty years ago, what if they'd forgotten it? They'd just feel awkward.


そして逆にずっと根に持ってきた人の場合も、今更謝られてもただ怒ってしまうだけかもしれない。ふざけるなって。

Or if they hadn't forgotten it, but had harbored resentment toward me all these years, then the apology would be even more unwelcome.